会社見学の質問で気をつけるべきポイントとは?|注意点や質問の具体例も解説します!

就職活動で会社見学をすべきかどうか迷っている人も多いのではないでしょうか。会社見学は会社説明会では知ることができない情報を得ることができる手段と考えることができます。本記事では充実した会社見学になるよう、会社見学ですべき質問と気を付けるポイントを紹介します。

就活ノウハウ

会社見学は行った方が良い

https://images.unsplash.com/photo-1462206092226-f46025ffe607?ixlib=rb-1.2.1&q=80&fm=jpg&crop=entropy&cs=tinysrgb&w=1080&fit=max&ixid=eyJhcHBfaWQiOjg4MjY2fQ
https://images.unsplash.com/photo-1462206092226-f46025ffe607?ixlib=rb-1.2.1&q=80&fm=jpg&crop=entropy&cs=tinysrgb&w=1080&fit=max&ixid=eyJhcHBfaWQiOjg4MjY2fQ

就職活動をする中で会社見学をする人も多いのではないでしょうか。実際に勤務する職場がどのようなところなのか知ることは大切です。

一生、同じ会社で仕事をする可能性もある場所の見学は確認した方がいいでしょう。会社のホームページや会社の説明会では分からないことも会社見学では分かります。

本記事は会社見学のための準備について解説しています。具体的な質問例とポイントを知り、今後の糧にしていきましょう。

会社見学ですべき質問5選

https://images.unsplash.com/photo-1517048676732-d65bc937f952?ixlib=rb-1.2.1&q=80&fm=jpg&crop=entropy&cs=tinysrgb&w=1080&fit=max&ixid=eyJhcHBfaWQiOjg4MjY2fQ
https://images.unsplash.com/photo-1517048676732-d65bc937f952?ixlib=rb-1.2.1&q=80&fm=jpg&crop=entropy&cs=tinysrgb&w=1080&fit=max&ixid=eyJhcHBfaWQiOjg4MjY2fQ

本見出しでは、会社見学ですべき質問5選を紹介しています。会社見学は社員の人と話すこともできます。

社員の人と話すこと以外にも、社内の清潔感や内装といった雰囲気を見るいい機会なので事前準備をし、充実した会社見学になるようにしましょう。

質問①|1日のスケジュールを教えてください

会社見学では社員の方に話を聞く許可を担当者にもらえれば、勤務中の方でも話すことができます。会社にも部署と職種があるので、それぞれの1日のスケジュールを聞くことは重要です。

勤務時間が多いと言った意見が出ることもあります。会社見学は選考を受ける判断材料を増やせると言えるでしょう。

質問②|仕事でやりがいを感じるときはどんな時ですか

やりがいを感じる点は人それぞれですが、参考になります。複数人に質問して同じ理由であれば、自分もやりがいを感じる可能性が高くなります。

一方でなかなかやりがいの言葉が出なかったり、やりがいを答えられない人がいると、重労働をしている可能性があると判断することができます。

質問③|普段はどのような雰囲気で仕事をしていますか

会社見学で重要なポイントである雰囲気を確認すること必要です。黙々と仕事に打ち込む雰囲気か気軽に話しながら仕事をしている雰囲気なのかで印象が変わってきます。

どのような雰囲気で仕事をしているか聞くことは、自分と相性がいい職場環境かどうかを確認することにもつながります。

質問④|活躍されている人はどのような人ですか

入社前に将来、出世、昇進をしたいと思う人も多いと思います。どのような人が活躍しているのか聞いておくと、面接でも入社理由としてつなげることが出来ます。

就職活動は今後の人生も左右する活動です。可能な限り将来のことも考え、ミスマッチを少なくする努力をしましょう。

質問⑤|どのようなスキルがあれば貢献できますか

入社前に必要なスキルを取得することで、入社後の仕事のやりやすさが変わります。スキルがあるのとないのとでは個人的な負担も和らぎ、先輩社員にも負担を与えずに済みます。

会社見学後の面接でもスキルをアピールできます。必要と思われる人になることは会社で評価を得る有効な方法です。

会社質問でNGな質問3選

https://images.unsplash.com/photo-1454165804606-c3d57bc86b40?ixlib=rb-1.2.1&q=80&fm=jpg&crop=entropy&cs=tinysrgb&w=1080&fit=max&ixid=eyJhcHBfaWQiOjg4MjY2fQ
https://images.unsplash.com/photo-1454165804606-c3d57bc86b40?ixlib=rb-1.2.1&q=80&fm=jpg&crop=entropy&cs=tinysrgb&w=1080&fit=max&ixid=eyJhcHBfaWQiOjg4MjY2fQ

本見出しでは会社見学でNGな質問例を紹介しています。調べればわかることや採用担当者でも答えることが出来る質問はしないようにしましょう。

採用担当者とは会社見学をしなくても会うこともでき、聞くこともできます。実際に業務をしている社員の人しか答えることができない質問を準備しましょう。

質問①|事業内容は何ですか

事業内容はホームページを見ればすぐに分かります。飲食業、製造業、旅行業と言った業種は多種多様ですが、大まかな確認は調べればすぐに分かります。

何も調べずに会社見学をすると、多くの時間を作ってくれた相手に与える印象は悪く、失礼になります。実際の仕事でも手を抜く可能性があると判断されてしまうのでNGな質問の1つです。

質問②|会社のビジョンはありますか

会社のビジョンもホームページや会社四季報に掲載があることが多いです。上記の質問と同様、全く調べず会社見学に来たという印象を与えます。

しかし、調べても出てこない会社であれば余裕がない会社である可能性が高いです。その場合は「調べても出てきませんでしたが、御社の今後のビジョンは何ですか」と調べたことをアピールしましょう。

質問③|福利厚生はどのようなものがありますか

福利厚生は普段は馴染みがなく、答えにくい質問です。また、福利厚生や残業時間、離職率といった労働環境を連続で聞くことも入社後、休むことばかり考えると受け止められる可能性があります。

福利厚生も調べれば出てくることも多く、会社見学をしなくても聞けることです。通常の企業説明会でも聞けることは質問しなくてもいいでしょう。

関連する記事

監修者プロフィール

三浦拓巳みうらたくみ

1997年群馬県生まれ。20卒として就職活動を行う。就活中はエントリーシート15社中全て通過。大手広告会社志望から一転、スタートアップに内定を承諾。内定後は人材育成会社にて、エントリーシート、面接などの選考対策に従事し、約70人の生徒を担当。自身の就職活動での学びを活かし、教育事業に注力している。