グループワークのコツとは?|気をつけるべきポイントや改善方法を徹底解説!

グループワークが苦手と感じる就活生は多いのではないでしょうか。グループワークも円滑に進めるコツがあります。本記事はグループワークが苦手と思っている就活生のために、グループワークのコツを紹介しています。選考を乗り越えるためには準備が必要です。コツを理解し、選考を乗り越えていきましょう。

就活ノウハウ

グループワークに苦手意識を感じる就活生は多い

https://images.unsplash.com/photo-1552664730-d307ca884978?ixlib=rb-1.2.1&q=80&fm=jpg&crop=entropy&cs=tinysrgb&w=1080&fit=max&ixid=eyJhcHBfaWQiOjg4MjY2fQ
https://images.unsplash.com/photo-1552664730-d307ca884978?ixlib=rb-1.2.1&q=80&fm=jpg&crop=entropy&cs=tinysrgb&w=1080&fit=max&ixid=eyJhcHBfaWQiOjg4MjY2fQ

グループワークが苦手と思う人は多いのではないでしょうか。本記事ではグループワークのコツを紹介していきます。

本見出しではグループワークの概要を見ていきます。グループワークとは何なのか、どのような理由で実施するのか、担当者が見ているポイントを紹介します。

グループワークとは

グループワークとは就職活動において、あるテーマに沿って応募者複数人が議論してもらう選考方法のことです。一次試験で採用されることが多く、人数が比較的多いときに実施する選考方法です。

グループワークは実際の仕事上で会議を想定した選考方法になります。

グループワークを面接で課す理由

グループワークは仕事上で必要不可欠な行動です。面接でグループワークを実施することで入社後、仕事を円滑に進めることができるかを確認する理由があると言えます。

実際の仕事で1人でできないことは周囲と力を合わせることが大切です。周囲の力を合わせる力を確認する理由と履歴書では分からない対人能力を見ていると言えます。

グループワークで人事が見ているポイント

人事が見ているポイントとして下記が上げることができます。

  • 思考能力
  • 自発的能力
  • コミュニケーション能力

グループワークでは、自分の考えを相手に伝わるように発言できているか、周囲の人に気を配れているかを担当者は見ています。履歴書や対面の面接では分からない社会的基礎能力を見ていると言えます。

グループワークが苦手な理由とその改善方法

https://images.unsplash.com/photo-1517245386807-bb43f82c33c4?ixlib=rb-1.2.1&q=80&fm=jpg&crop=entropy&cs=tinysrgb&w=1080&fit=max&ixid=eyJhcHBfaWQiOjg4MjY2fQ
https://images.unsplash.com/photo-1517245386807-bb43f82c33c4?ixlib=rb-1.2.1&q=80&fm=jpg&crop=entropy&cs=tinysrgb&w=1080&fit=max&ixid=eyJhcHBfaWQiOjg4MjY2fQ

本見出しでは、グループワークが苦手な理由と改善方法を2つ紹介します。理由と改善方法を学び、当日のグループワークを乗り越えましょう。

理由①|議論についていけないという不安

苦手と思う理由としてやることを決めつけてしまうことが上げられます。例えば、役割分担を自分で決めつけ、決めた役割しかイメージできず、グループワークに取り組めないことが理由として考えられます。

改善方法①|事前準備をする

グループワークも面接と同様、事前準備が必要です。どのような役割でも対応できるように練習する必要があります。役割については後述します。

また、普段からニュースや企業研究をしてどのようなテーマが与えられても発言できるように準備しておきましょう。

理由②|人見知り

グループワークが課題になると初対面の人と議論をすることになります。初対面で人と会話することは、人によって考えがまとまらなかったり、動揺したりする可能性もあることが苦手になる理由と言えます。

改善方法②|反応、確認をする

人見知りだと思っている人は反応、確認を徹底するといいでしょう。反応することで発言ができ、確認することで周りの認識も一致してきます。

採用担当者は社会的基礎能力を見ています。あきらめず、できることを徹底してコミュニケーションを図っていきましょう。

グループワークの役割

https://images.unsplash.com/photo-1507679799987-c73779587ccf?ixlib=rb-1.2.1&q=80&fm=jpg&crop=entropy&cs=tinysrgb&w=1080&fit=max&ixid=eyJhcHBfaWQiOjg4MjY2fQ
https://images.unsplash.com/photo-1507679799987-c73779587ccf?ixlib=rb-1.2.1&q=80&fm=jpg&crop=entropy&cs=tinysrgb&w=1080&fit=max&ixid=eyJhcHBfaWQiOjg4MjY2fQ

グループワークは役割がうまく機能しているかどうかが重要です。役割を決めることは話を円滑に進めるために必要です。本見出しでは定番となっている役割を解説します。

役割①|司会者

司会者は話し合いの中心となる人の役割です。テレビ番組ではよく司会者という役割がありイメージしやすいです。

周囲の人に話を振り、まとめるリーダー的存在が仕事となります。自分の考えを発言し、周囲の人にも気を配り続ける重要な役割と言えます。

役割②|タイムキーパー

タイムキーパーは時間を管理し、時間配分をする人の役割です。話題が膨らむと時間を忘れてしまうことも出てきます。適切なタイミングで時間配分をすることが仕事になります。

時間管理だけでなく話し合いにも参加する必要があります。器用さが求められる役割だと言えるでしょう。

役割③|書記

書記は話し合いの中で出てきた重要なことをメモしながら全体を把握する役割です。口頭だけで流れを掴むことが苦手な人は書記役に立候補してもいいでしょう。

書記役は話をメモしながら、話し合いに参加する必要があるため、取捨選択能力が必要と言えます。

関連する記事

監修者プロフィール

三浦拓巳みうらたくみ

1997年群馬県生まれ。20卒として就職活動を行う。就活中はエントリーシート15社中全て通過。大手広告会社志望から一転、スタートアップに内定を承諾。内定後は人材育成会社にて、エントリーシート、面接などの選考対策に従事し、約70人の生徒を担当。自身の就職活動での学びを活かし、教育事業に注力している。