就活を諦めたその先は...就活を諦めた人に伝えたいこの後の選択肢

就活地獄の日々がつらい、早くこの地獄から抜け出したい、就活は本当に必要なのか。自分の人生に大きな影響を与えるかもしれない就活ですが、何も恐れることはありません。もちろん就活を諦めるという選択肢もあります。今回は就活を諦めたこそ見ることができる、その先の選択肢をご紹介します。

就活の悩み

就活を諦めた人の理由

https://images.unsplash.com/photo-1462206092226-f46025ffe607?ixlib=rb-1.2.1&q=80&fm=jpg&crop=entropy&cs=tinysrgb&w=1080&fit=max&ixid=eyJhcHBfaWQiOjgwODQxfQ
https://images.unsplash.com/photo-1462206092226-f46025ffe607?ixlib=rb-1.2.1&q=80&fm=jpg&crop=entropy&cs=tinysrgb&w=1080&fit=max&ixid=eyJhcHBfaWQiOjgwODQxfQ

就活は遅かれ早かれ必ずやってくる人生の選択の一つです。早い人なら高校卒業のタイミング、遅くても成人式を迎えるころには人生の壁となってやってきます。

毎日が就活という地獄の環境の中、周りに負けない為に最初は士気も志も高くと持っていると思いますが、地獄とたとえられるように就活には様々な困難があります。 そこで、まずは就活を諦めてしまった人の理由についてご紹介させていただきます。

持ち駒がなくなった

就活をしていれば、少なからず何社かは面接の予定があると思います。

この頃はまだ大した焦りもなく、自分にもどこか余裕があります。

しかし、「なかなか決まらない」に始まり、「希望したい会社がない」「そもそも自分が何をやりたいのかわからない」様々な理由でたくさんあったはずの面接の機会が知らず知らずだんだん減っていることに自分では簡単に気づかないまま、いつのまにか持ち駒がなくなってしまいます。

不安やストレスから解放されたい

「いっそのこと、就活を諦めよう」そのように考える方もいらっしゃると思います。

周りが決まっていく中で自分だけが決まらないストレスや不安に押しつぶされそうになる毎日は誰もが苦痛です。

しかし、就活を諦めるということ=逃げることではありません。今は無理に就活をするタイミングではないという可能性があるからです。

就活を諦めた人に伝えたいこと

https://images.unsplash.com/photo-1518183214770-9cffbec72538?ixlib=rb-1.2.1&q=80&fm=jpg&crop=entropy&cs=tinysrgb&w=1080&fit=max&ixid=eyJhcHBfaWQiOjgwODQxfQ
https://images.unsplash.com/photo-1518183214770-9cffbec72538?ixlib=rb-1.2.1&q=80&fm=jpg&crop=entropy&cs=tinysrgb&w=1080&fit=max&ixid=eyJhcHBfaWQiOjgwODQxfQ

働いて収入を得ることは重要ですが、必ず就活をしなければならないと法律で決められているわけではありません。人それぞれに人生があり、何かをしようとするときには「する、しない」という選択の自由があります。

選択の上で重要なのは、それは果たして本当に今やらなくてはならないのか「じっくりと考えること」です。

あなたは何も悪く無い

周りからは「○○の内定を貰った」「○○の面接が決まった」そのような声が聞こえてくると思います。

ただ、それは自分にとっては関係のないことで、その人が選んだ人生の選択肢の一つです。

就活をしていない自分を責めることはありません。自分は「就活を諦める」という選択を選んだというだけです。

フリーターでもお金は稼げる

お金を稼ぐ方法は今の時代いくらでもあります。

大手企業に入社してキャリアを積む人生やブラック企業に入社して身を削る地獄のような人生もあれば、自分の時間を有意義に使うためにフリーターを選び、趣味に時間を使うなど自分のやりたいことをやる人生もあります。

毎日の生活ができるならば、稼ぐ方法にこだわる必要は全くありません。

地方に移住すればのんびり暮らせる

「都会で暮らすのが夢だった」という人が、気付けば地元に帰ってきていたり、都会出身の人が地方で働いているように、物価が比較的安い割に日常生活には困らない、地方ならではの良さがあります。

都会の喧騒から離れ、地方でストレスフリーのスローライフを送るのも決して悪くありません。

自分に合っている環境が都会なのか、それとも地方なのかを考える機会にもなります。

独立・起業のチャンスもある

会社に属さないということは、自分にしかできないことを事業にするチャンスにもなります。

フリーターとして生活したからこそ色々な仕事に触れる機会があり、自由な時間の中で人脈が広がり、都会ではなく地方で生活したからこそ見えるモノもあります。

自分の本当にやりたいことを実現する為の準備期間として勉強をして、今までの経験や人脈を基に新たな事業を起こすという、どこにも属さないある意味自由な環境だからこそ見える景色がそこにはあります。

関連する記事

監修者プロフィール

三浦拓巳みうらたくみ

1997年群馬県生まれ。20卒として就職活動を行う。就活中はエントリーシート15社中全て通過。大手広告会社志望から一転、スタートアップに内定を承諾。内定後は人材育成会社にて、エントリーシート、面接などの選考対策に従事し、約70人の生徒を担当。自身の就職活動での学びを活かし、教育事業に注力している。