内定者懇親会を控えた学生が読むべき、メリット・デメリットやマナーを紹介!

内定者懇親会は、内定者が人事や先輩社員と交流を深めるためのものです。招待されたのは嬉しいものの、いざとなるとどうしたら良いかわからないという人が多いようです。今回は内定者懇親会の詳細について解説します。自己紹介や出席・欠席メールのテンプレート、服装や髪型の基準などについてもご紹介していますので参考にしてください。

内定就活の悩み

内定者懇親会とは

https://images.unsplash.com/photo-1460467820054-c87ab43e9b59?ixlib=rb-1.2.1&q=80&fm=jpg&crop=entropy&cs=tinysrgb&w=1080&fit=max&ixid=eyJhcHBfaWQiOjg4MjY2fQ
https://images.unsplash.com/photo-1460467820054-c87ab43e9b59?ixlib=rb-1.2.1&q=80&fm=jpg&crop=entropy&cs=tinysrgb&w=1080&fit=max&ixid=eyJhcHBfaWQiOjg4MjY2fQ

内定者懇親会とはいったい何なのでしょうか。漠然としたイメージはあっても具体的に何をするのか知らない就活生は多いと思います。まずその目的と開催される時期を整理しましょう。

内定者懇親会が行われる目的・内容

「内定者懇談会」とは、その企業の内定を得た人たちと、先輩社員が参加する集まりです。内定者懇談会は、入社予定の内定者と先輩社員の交流や、内定者同士の親交を深めることを目的としています。

内定者懇親会の内容は企業によってさまざまです。本社の会議室で説明を交えて行うものや、ホテルやレストランで食事をとりながら行うものがあります。

内定者懇親会に参加するメリットは大きい一方、知らない人と会うことに緊張して躊躇する学生が多いのも現実です。

内定者懇親会が行われる時期

内定者懇親会は内定者がある程度集まってから行われます。そのため、多くの企業が6月の本選考解禁後から少し日が経ってから実施します。

しかし8~10月に行う企業もあれば、内定式後に行う企業もあり、時期や頻度は企業によって様々です。

内定者懇親会の主な内容

https://images.unsplash.com/photo-1519671482749-fd09be7ccebf?ixlib=rb-1.2.1&q=80&fm=jpg&crop=entropy&cs=tinysrgb&w=1080&fit=max&ixid=eyJhcHBfaWQiOjg4MjY2fQ
https://images.unsplash.com/photo-1519671482749-fd09be7ccebf?ixlib=rb-1.2.1&q=80&fm=jpg&crop=entropy&cs=tinysrgb&w=1080&fit=max&ixid=eyJhcHBfaWQiOjg4MjY2fQ

内定者懇親会の内容が企業によって異なるということは先にお伝えしました。ここからは、一般的な内定者懇親会で行われる内容についてご紹介します。

企業側から特に事前のアナウンスがない、一般的な内定者懇親会であれば、おおよそ以下のようなことが行われると予想できそうです。

先輩社員との交流

まずは「先輩社員との交流」です。これが内定者懇親会のメインと言っても良いでしょう。仕事内容や社内の雰囲気など、気になることを質問しながら交流を深めることができます。

単なる就活生として質問をするOB・OG訪問より、先輩社員も具体的な仕事内容や社内の雰囲気などを話しやすくなっているかもしれません。

また、初めての入社は特に緊張するものです。顔見知り程度であったとしても知った先輩がいることは、メンタル面での大きな支えになるはずです。

会社説明

内定者懇親会では「会社説明」も行われることがあります。選考前の会社説明会では聞けない内容や、より具体的な部署説明・仕事内容の説明なども聞くことができます。

また、入社後の研修プログラムの詳細や、その企業ならではのキャリアパスなどについての説明が行われることもあるでしょう。

内定者懇親会での会社説明を聞くことで、自分が入社してからどのような仕事をして、どんなことを目標とするのか、という部分が見えてくるかもしれません。

内定者としての過ごし方の確認

これは少し見落としがちな内容ですが、「内定者としての過ごし方」についても内定者懇親会で触れられることがあります。基本的には「入社までにどのような準備をして過ごせば良いか」という内容です。

取得すべき資格・入社前課題の説明を受けるほか、内定者として相応しい振る舞いを求められることもあります。特にSNSの使い方に関しては近年、問題になることが多いので、時間を設けて注意喚起されることもあるようです。

自己紹介

内定者懇親会では、各自の「自己紹介」をすることもあるでしょう。

あらかじめ自己紹介に含む項目を指定される場合もありますが、中には「○分間使って自己紹介をしてください」など、自己紹介の内容を自分で考えなくてはならない場合もあります。

事前にどんな自己紹介をするのか考えておくと、安心して臨めます。短時間で話せる楽しいエピソードなどを用意しておけば良いかもしれません。詳しくは後述しているので、気になる方はご覧ください。

同期との交流

内定者懇親会には自分と同期になる内定者も参加します。「同期との交流」を深めるのも大切な内容のひとつです。

入社後、同期と落ち着いて話せる機会は意外と少ないです。内定者懇親会でお互いのことを知って、少しでも会話をしておけば、仕事を始めてからでも継続的にコミュニケーションを築きやすくなります

食事会

内定者懇親会では食事会を行っている企業も数多くあります。食事の場を共有することで、堅くなりすぎず和気あいあいと交流を図るためです。

ただし、砕けすぎは注意です。お酒が出てくる場合もあるため、飲みすぎないように気を付けましょう。

グループワーク

中にはグループディスカッションや発表と称して内定者にグループワークを行わせる企業もあります。選考段階とは違って内定に影響することはありませんが、仕事への取り組み方や同期との交流をみられることが多いようです。

懇親会までに課題を用意してレポートを作成させたり、発表用のパワーポイント資料を作成させたりする企業もありますので、事前の準備が必要な場合があります。

ちなみに、多くの学生が迷いがちな内定者懇親会の服装についてはこちらの記事で紹介しています。ぜひご一読ください。

関連する記事

監修者プロフィール

三浦拓巳みうらたくみ

1997年群馬県生まれ。20卒として就職活動を行う。就活中はエントリーシート15社中全て通過。大手広告会社志望から一転、スタートアップに内定を承諾。内定後は人材育成会社にて、エントリーシート、面接などの選考対策に従事し、約70人の生徒を担当。自身の就職活動での学びを活かし、教育事業に注力している。