【例文あり】内定の保留はメールだと失礼?その後の承諾・辞退の伝え方まで完全網羅!

就職活動で内定を受けた際に、保留方法に悩む方は多いのではないでしょうか。内定の保留はいつまでに、メールと電話のどちらですべきなのかわからないからだと考えられます。この記事では、内定の保留をメールで送るリスク、注意点やその後の連絡方法についてご紹介します。

内定就活の悩み

内定保留は問題ない

https://images.unsplash.com/photo-1544014840-e9e5c4078b17?ixlib=rb-1.2.1&q=80&fm=jpg&crop=entropy&cs=tinysrgb&w=1080&fit=max&ixid=eyJhcHBfaWQiOjg4Njk5fQ
https://images.unsplash.com/photo-1544014840-e9e5c4078b17?ixlib=rb-1.2.1&q=80&fm=jpg&crop=entropy&cs=tinysrgb&w=1080&fit=max&ixid=eyJhcHBfaWQiOjg4Njk5fQ

内定を多く受け取る学生にとって、そもそも内定の保留は大きな悩みの1つだと考えられます。せっかく内定を受けても、保留することによって取り消しとならないかが不安材料になると考えられます。

本見出しでは、内定保留をすべきかという疑問にお答えします。

①内定を承諾しても辞退は可能

内定を承諾しても辞退は可能です。内定を受領後、上述のリスクを背負って保留するよりも、ひとまず承諾してしまってもよいでしょう。

内定は、受領してしまっても後から辞退することができるので、リスクやストレスを抱えない選択肢を選ぶ方が良いと考えられます。

ただし、内定辞退が出ると人事の採用計画に関係してきます。そのため、簡単に内定を承諾するよりかは、一度保留としておいた方が人事にとっては

例文付き|新卒が内定を辞退する際に使える理由を紹介!辞退の仕方も解説!」では、内定辞退を悩む方へその考え方や辞退理由をご紹介していますので、合わせてご参照下さい。

②オススメは直近で本命企業の選考結果が分かる時

内定保留を伝えるおすすめのタイミングは、直近で本命企業の選考結果が分かる時です。企業の選考をいくつも受ける中で、本命企業の結果が最も待ち遠しく感じると思います。

他企業の内定は、数日から一週間前後などもう少し経てば本命企業の選考結果がわかる場合に、保留しておくことがオススメと言えます。

内定保留のメールを送る理由

https://images.unsplash.com/photo-1565688534245-05d6b5be184a?ixlib=rb-1.2.1&q=80&fm=jpg&crop=entropy&cs=tinysrgb&w=1080&fit=max&ixid=eyJhcHBfaWQiOjg4Njk5fQ
https://images.unsplash.com/photo-1565688534245-05d6b5be184a?ixlib=rb-1.2.1&q=80&fm=jpg&crop=entropy&cs=tinysrgb&w=1080&fit=max&ixid=eyJhcHBfaWQiOjg4Njk5fQ

これから就職活動をされる方の中には、なぜ内定保留のメールを送りたいと思うのか、その理由を知りたい方もいらっしゃるのではないでしょうか。

本見出しでは、内定保留のメールを送りたいと思う2つの理由をご紹介します。

①決断への不安がある

内定保留のメールを送りたいと思う1つ目の理由は、決断への不安があるからです。就職活動を進める中で、どの業界や企業を最終的に選ぶのか悩むことは多々あります。

志望度の低い企業から内定を受け取っても、その企業に就職をすべきなのか決めきることができず不安に感じる学生は大勢います。

自分の決断に自信が持てないと感じてしまうので、内定保留のメールを送りたいと思うのです。

②他の企業にも興味・関心がある

内定保留のメールを送りたいと思う2つ目の理由は、他の企業にも興味・関心があるからです。多くの企業へエントリーをする学生の方は、幅広い興味と関心があると考えられます。

そのため、内定を受け取っても安易にその企業への就職を決めることはありません。一定の企業で、しっかりと就職活動を行ってから決定をしたいと考え、内定保留のメールを送りたいと思うのです。

上記は、企業の選考スケジュールが異なるため仕方なく内定保留をしている学生のツイートです。同時期に応募をしても、面接の時期はばらばらなので学生にとっては大きな悩みとなります。

内定保留のメールの例文・テンプレ

https://images.unsplash.com/photo-1551836022-4c4c79ecde51?ixlib=rb-1.2.1&q=80&fm=jpg&crop=entropy&cs=tinysrgb&w=1080&fit=max&ixid=eyJhcHBfaWQiOjg4Njk5fQ
https://images.unsplash.com/photo-1551836022-4c4c79ecde51?ixlib=rb-1.2.1&q=80&fm=jpg&crop=entropy&cs=tinysrgb&w=1080&fit=max&ixid=eyJhcHBfaWQiOjg4Njk5fQ

本見出しでは、内定保留のメールの例を3つご紹介します。電話とメールで内定を保留する例に加えて、内定保留の承諾に対してお礼を伝える場合をそれぞれご紹介します。

電話で内定を保留する場合の例文

まずはメールではなく電話で内定保留をする場合のテンプレです。

──────

先日、御社で最終面接をして頂きましたT大学のAと申します。この度は、大勢の候補者の中から私に内定をご提示頂き誠にありがとうございました。

誠に心苦しいのですが、本日はその内定への回答を保留する期間を頂きたくご連絡差し上げました。先日ご説明致しました通り、並行してあと2社の選考が残っております。

私としては、この場で内定受諾のお返事をしたいのですが、他社へのマナーも加味して、あと10日だけ猶予期間を頂ければ幸いです。どうぞよろしくお願い致します。

──────

声のトーンで感情を伝えるよう工夫しましょう。まずは、内定へのお礼を伝えることが大切です。そして、簡単に内定保留をしたい理由も伝えるようにしてください。

また、期日は向こうが尋ねる前に知らせるようにしておくと、コミュニケーションがスムーズに進みます。

メールで内定を保留する場合の例文

続いてメールで内定保留をする場合のテンプレです。

──────

お世話になっております。一昨日、最終面接をして頂きましたK大学のBと申します。改めまして、内定を頂き誠にありがとうございました。

面接の中でご説明致しました通り、人生1度きりの就職活動にて後悔が無いよう他社の選考を全て受け切ってから、御社への正式な回答をしたいと考えております。

そのため、恐れ入りますが1週間だけ回答期限を頂けますでしょうか。ご迷惑をお掛け致しますが、何卒ご検討宜しくお願い致します。

──────

気持ちが伝わるよう、丁寧に文面を作成することが大切です。誠実さをしっかり伝え、「ぜひうちに来てほしい」と思ってもらえるようにしましょう。

内定保留の承諾に対してお礼を伝える場合の例文

以下は内定保留を採用担当者に承諾してもらった場合のお礼の伝え方です。

──────

内定保留のご承諾を頂きました、W大学のCと申します。この度は、私の自己都合にもかかわらず内定保留のご承諾を頂きありがとうございました。

就職活動は人生を左右する重大な選択となるので、悔いが残らないよう他社の選考を受け、よく吟味を重ねた上で御社へ最終的な回答を差し上げたいと考えております。

正式な回答まで、引き続き宜しくお願い致します。

──────

内定保留を承諾してもらった時には、お礼の気持ちを伝えましょう。そして必ず期日までに回答することが何よりも大切です。

関連する記事

監修者プロフィール

三浦拓巳みうらたくみ

1997年群馬県生まれ。20卒として就職活動を行う。就活中はエントリーシート15社中全て通過。大手広告会社志望から一転、スタートアップに内定を承諾。内定後は人材育成会社にて、エントリーシート、面接などの選考対策に従事し、約70人の生徒を担当。自身の就職活動での学びを活かし、教育事業に注力している。