【2021卒向け】NTT東日本(東日本電信電話株式会社)の年収は?気になる初任給やボーナス事情も紹介!

NTT東日本(東日本電信電話株式会社)は、日本を代表する通信企業であるNTTグループで東日本地域の通信インフラサービスの提供をする企業です。この記事では、NTT東日本の収入事情・企業情報などを紹介します。職場に「安定」を求める方にとっては働きやすい企業なので、興味がある方は、ぜひご一読下さい。

給料

NTT東日本は電気通信会社

https://images.unsplash.com/photo-1486312338219-ce68d2c6f44d?ixlib=rb-1.2.1&q=80&fm=jpg&crop=entropy&cs=tinysrgb&w=1080&fit=max&ixid=eyJhcHBfaWQiOjg4Njk5fQ
https://images.unsplash.com/photo-1486312338219-ce68d2c6f44d?ixlib=rb-1.2.1&q=80&fm=jpg&crop=entropy&cs=tinysrgb&w=1080&fit=max&ixid=eyJhcHBfaWQiOjg4Njk5fQ

NTT東日本(東日本電信電話株式会社)は、関東・甲信越地域から東の地域で通信インフラの提供・整備などを行うNTT系列の企業です。

社名の通り東日本エリアを主なサービス地域として、各地域の通信インフラの提供や整備・ICT(情報通信技術)を通じた課題解決などを行っています。

企業情報

項目

詳細

企業名

東日本電信電話株式会社

創業

1999年7月1日

業界

通信

本社所在地

〒163-8019 東京都新宿区西新宿3-19-2

売上(億円)

17,406(2018年度実績)

従業員数

4,900名(2019年3月31日現在)

参考:NTT東日本「会社案内

NTT東日本は創業が1999年と比較的歴史が浅い企業です。従業員数は4900名と比較的大きく、売上も1兆円規模なので事業の社会に対する影響度の大きさも数字から想像できます。

ここではそんなNTT東日本について、企業情報・収入・評判などを紹介していきます。

NTT東日本の給与事情

https://images.unsplash.com/photo-1561414927-6d86591d0c4f?ixlib=rb-1.2.1&q=80&fm=jpg&crop=entropy&cs=tinysrgb&w=1080&fit=max&ixid=eyJhcHBfaWQiOjg4Njk5fQ
https://images.unsplash.com/photo-1561414927-6d86591d0c4f?ixlib=rb-1.2.1&q=80&fm=jpg&crop=entropy&cs=tinysrgb&w=1080&fit=max&ixid=eyJhcHBfaWQiOjg4Njk5fQ

まずはNTT東日本の給与事情を見てみましょう。

同社は日本を代表する通信企業のグループ会社ということもあり、平均年収・初任給などは平均並みか、それ以上の水準となっています。ここでその詳しい情報を見てみましょう。

平均年収

まず簡単にNTT東日本の給与情報を紹介します。

項目

詳細

平均年収

およそ625万円

平均勤続年数

昇給

年1回

賞与

年2回

月間残業時間

25.4時間

有給消化率

95.2%

参考:Openworkカイシャの評判

持ち株会社であるNTT(日本電信電話株式会社)の有価証券報告書は公開されているものの、その子会社であるNTT東日本単独の平均年収・勤続年数について公表している情報はありません。

今回参考にした各種企業情報の書き込みサイトの情報では、平均年収はおよそ625万円程度で、日本人の平均年収420万円以上となっています。

一方で月間残業時間は25.4時間で比較的少ない傾向が高く、有給消化率は95.2%とほぼ完全に消化されていることが分かります。

職種別の平均年収

NTT東日本の職種別の平均年収は以下の通りです。

職種

平均年収

本社事務・一般職

650万円

技術

550万円

SE

450万円

参考:Openwork

各種サイトから参照できる情報によれば、各職種の平均年収は上記の通りです。本社勤務の職員の年収が最も高く、技術系・SE(エンジニア)の年収がそれぞれ100万円ずつ安くなるようです。

年齢別の平均年収

年齢別の平均年収についても公表されている情報はありませんが、在職年数ごとの年収は、下記のような情報が見られます。

在職年数

年収

在職3〜5年

500〜550万円

在職5〜10年

550〜690万円

在職10〜15年

700〜900万円

国税庁の平成30年分民間給与実態統計調査結果についての情報では、日本人の平均年収は約440万円とされています。NTT東日本では在職3〜5年で平均年収を超える収入水準となります

初任給

次にNTT東日本の初任給について見てみましょう。

NTT東日本の初任給は本社勤務の場合と、グループ会社勤務の場合で初任給の水準が異なり、職種によって給与水準が変わる事はないと考えられます。

職種別の初任給

NTT東日本の公式採用ページには職種別の初任給に関する記載はありません。

後述するようにNTT東日本(本社)と、傘下に従える各社によって設定されている初任給の水準が異なりますが、職種は関係なく全て同額の初任給が提示されています。

また、入社後の給与については先述の通り10年以上の勤務で700万円程度になりますが、職種によって上下します。そのため自分の得意分野と、手にしたい給与によってどの職種で選考を受けるのかを考えておく必要があります。

学歴別の初任給

一方で、学歴別の初任給は下記のように記載されています。

NTT東日本

グループ会社

博士了/ 288,800円

修士了/ 239,860円

大学卒/ 214,870円

大学卒/ 214,870円

高専卒/188,660円

短大・専門卒/186,110円

高卒/176,250円

参考:リクナビ2020

NTT東日本グループでは、本社であるNTT東日本とグループ各社で最終学歴ごとに提示されている初任給の額が異なります

上記の記載の通り、本社であるNTT東日本の方が年収水準が高く、NTT東日本の博士了の学生の場合は、30万円近い収入となります。

ボーナス

NTT東日本では賞与は年2回の支給となっています。

支給される金額について公表されている情報はありませんが、Openworkという企業情報の書き込みサイトの情報では、2回の支給額を併せて4ヶ月分程度の学が支給されるようです。

一般的な企業で支給されるボーナスの額は2〜4ヶ月程度なので、NTT東日本でも一般企業並みのボーナスを取得することが可能です。

監修者プロフィール

三浦拓巳みうらたくみ

1997年群馬県生まれ。20卒として就職活動を行う。就活中はエントリーシート15社中全て通過。大手広告会社志望から一転、スタートアップに内定を承諾。内定後は人材育成会社にて、エントリーシート、面接などの選考対策に従事し、約70人の生徒を担当。自身の就職活動での学びを活かし、教育事業に注力している。

関連する記事