【企業研究】栗田工業の平均年収は800万円以上|初任給やボーナスも解説

ラグビーでも有名な「栗田工業」。就活生や求職者にとって、採用情報や年収、事業内容も気になるところです。 ここでは「栗田工業」の年収やボーナス、将来性などを他の企業と比較しながら解説していきたいと思います。

給料

栗田工業の平均年収は約850万円

https://images.unsplash.com/photo-1527788263495-3518a5c1c42d?ixlib=rb-1.2.1&q=80&fm=jpg&crop=entropy&cs=tinysrgb&w=1080&fit=max&ixid=eyJhcHBfaWQiOjg4Njk5fQ
https://images.unsplash.com/photo-1527788263495-3518a5c1c42d?ixlib=rb-1.2.1&q=80&fm=jpg&crop=entropy&cs=tinysrgb&w=1080&fit=max&ixid=eyJhcHBfaWQiOjg4Njk5fQ

ここでは、栗田工業の初任給や平均年収など、給与事情を紹介していきます。

2015年3月期~2019年3月期までの従業員の平均年収は栗田工業の有価証券報告書によると、次の通りです。この5年間で平均年収は、ほぼ変わらず比較的高い年収であることが分かります。

2019年

883.6万円

2018年

864万円

2017年

885.5万円

2016年

873.9万円

2015年

853.4万円

年齢別の年収推移

栗田工業の年齢別の平均年収の推移は以下のように推定されます。

年齢(歳)

平均年収(円)

20~24

336.0万

25~29

675.9万

30~34

775.1万

35~39

802.1万

40~44

901.3万

45~49

1,009.4万

50~54

1,081.5万

55~59

1,072.5万

60~64

1,012.5万

役職別の年収推移

栗田工業の役職別の平均年収は以下のように推定されます。

役職

平均年収(円)

主任

878.2万

係長

991.4万

課長

1,310.0万

部長

1,448.1万

栗田工業では課長段階で年収1,000万円を超え、部長まで昇進するとかなり高い年収を得ることができるとわかります。

栗田工業の給料事情

https://images.unsplash.com/photo-1579621970563-ebec7560ff3e?ixlib=rb-1.2.1&ixid=eyJhcHBfaWQiOjEyMDd9&auto=format&fit=crop&w=1502&q=80
https://images.unsplash.com/photo-1579621970563-ebec7560ff3e?ixlib=rb-1.2.1&ixid=eyJhcHBfaWQiOjEyMDd9&auto=format&fit=crop&w=1502&q=80

栗田工業の年収について解説したところで、以下では給料に関して、初任給やボーナスの額を紹介していきます。

初任給

栗田工業の初任給は次の通りです。

栗田工業の採用は「技術営業」「設計」「施工管理」「技術開発」「メンテナンス営業」「研究開発」に別れています。しかし、総合職として募集しているため、初任給は職種による変動はありません。

総合職

21万円

職種ごとの初任給

先述したとおり、栗田工業では、総合職として募集しているため、初任給は職種による変動はありません。総合職として募集ののちに、希望、または適性に応じて様々な職種に配属されます。 また、その年ごとに配属先・人数は異なります。

主な配属先としては、法務、人事などの「管理部門」、営業、技術などの「ケミカル事業」、設計、施工管理などの「プラント事業」 、研究開発をする「開発部門」などがあります。

学歴ごとの初任給

栗田工業では総合職として高専卒から博士卒までの採用を実施しています。初任給は学歴ごとに定められていて、以下のような違いがあります。

博士卒

26万3800円

修士卒

23万5000円

学部卒

21万4000円

高専卒

19万円

ボーナス

栗田工業のボーナス額は公表されていませんが、 厚生労働省の賃金統計基本調査の比率からある程度の水準を知ることができます(以下データは一例です)。

主任

232.9万円

係長

262.9万円

課長

347.4万円

部長

384.1万円

栗田工業の年収・給与に関する評判

https://images.unsplash.com/photo-1501621965065-c6e1cf6b53e2?ixlib=rb-1.2.1&q=80&fm=jpg&crop=entropy&cs=tinysrgb&w=1080&fit=max&ixid=eyJhcHBfaWQiOjg4Njk5fQ
https://images.unsplash.com/photo-1501621965065-c6e1cf6b53e2?ixlib=rb-1.2.1&q=80&fm=jpg&crop=entropy&cs=tinysrgb&w=1080&fit=max&ixid=eyJhcHBfaWQiOjg4Njk5fQ

基本的には年功序列。最初は可もなく不可もなくだが、30代半ばから上昇して40台では、妻、子供2人で、そこそこ残業していれば900万円は固い。業績が良くても大して給料に反映されないが、昇級で報いるため出世が早くなる。管理職になると年俸制、諸手当はなくなる。

栗田工業の給与体系は基本的には年功序列です。しかし、30代の半ばを過ぎると年収はあがります。他の企業と比較しても年収は良いと言っていいでしょう。

残業時間も多かったが給料としては、かなりもらっていたと思われる。家族がいたが、生活に関しては、全く不満はなかった。余裕のある生活を体感できた。家族手当が約3万住宅手当が約2万これだけでも十分なプラスになっていた。

福利厚生も手厚く、特に家族手当や住宅手当はしっかりと貰えます。初任の頃は他の企業とあまり変わらない年収かもしれませんが、課長クラスになると年収1,000万円を超えるでしょう。

参考:Openwork

栗田工業の年収が良い理由

https://images.unsplash.com/photo-1526304640581-d334cdbbf45e?ixlib=rb-1.2.1&q=80&fm=jpg&crop=entropy&cs=tinysrgb&w=1080&fit=max&ixid=eyJhcHBfaWQiOjg4Njk5fQ
https://images.unsplash.com/photo-1526304640581-d334cdbbf45e?ixlib=rb-1.2.1&q=80&fm=jpg&crop=entropy&cs=tinysrgb&w=1080&fit=max&ixid=eyJhcHBfaWQiOjg4Njk5fQ

栗田工業は「総合水処理の大手」として活躍している企業です。その中でも、産業の水に特化しており、主な事業は水処理装置事業と水処理薬品事業です。「水」という生活や、産業に欠かせないサービスを取り扱っているのも安定して年収が高い理由の一つです。

また、年収が高い理由の一つに、サービスを売る会社へとその強みを進化させているからです。 栗田工業は、顧客の工場内にシステムを設置するサービス事業に力を入れています。そうすることにより、他の企業にはない新しいビジネスモデルを確立しています。

このように新しいビジネスモデルの開拓を成功に収めて安定収入を得ていることが、高収入の理由であるといえます。

栗田工業の基本情報

https://images.unsplash.com/photo-1462206092226-f46025ffe607?ixlib=rb-1.2.1&q=80&fm=jpg&crop=entropy&cs=tinysrgb&w=1080&fit=max&ixid=eyJhcHBfaWQiOjg4Njk5fQ
https://images.unsplash.com/photo-1462206092226-f46025ffe607?ixlib=rb-1.2.1&q=80&fm=jpg&crop=entropy&cs=tinysrgb&w=1080&fit=max&ixid=eyJhcHBfaWQiOjg4Njk5fQ

ここでは栗田工業の公式ホームページ、有価証券報告書など公式なデータを用いて、文章および表を作成しております。

基本データ

会社名

栗田工業株式会社

創業

1949年

業界

水処理専業

本社所在地

東京都中野区

売上(百万円)

1286億9500万円

従業員数

6,613名(連結) 1,549名(単体)

業績推移

栗田工業の売上は連結で2,000億円規模となっております。業績推移を見てみると、売上は右肩上がりですが、純利益は前期比減益となっていることがわかります。

決算月

連結売上高(百万円)

連結当期純利益(百万円)

2019年3月

259,409

17,323

2018年3月

236,815

17,897

2017年3月

214,187

14,506

福利厚生

  • 完全週休二日制
  • 有給休暇・特別休暇
  • フレックスタイム制
  • 各種社会保険
  • 社員持株会
  • 財形貯蓄
  • 住宅資金融資
  • クラブ活動
  • 施設/グラウンド

栗田工業では、フレックスタイム制度を採り入れ、ひとりひとりに合った柔軟な勤務体制を確保できるようにしています。また、家族手当、住宅手当は手厚く、結婚しても安心して働くことが出来ます。

その他に、ラグビーとしても有名な企業ですので、グラウンド施設を完備していたりと、ほかの企業にはない特徴がみられます。

社風・経営理念

“水”を究め、自然と人間が調和した豊かな環境を創造する。

1.水を通じて、社会との共通価値を創造することで、自然環境と人間社会の共存、共栄に貢献していく。

2.水の本質を深く、広く探究することによって、水の新しい機能、価値を生み出していく。

3.社員一人一人がお客様の視点に立ち、クリタ独自の技術、商品、サービスを駆使し、お客様の水と環境の課題解決に邁進していく。

栗田工業は、水と環境の問題にソリューションを提供し、未来への責任を果たすことを使命としている企業です。生活や産業に欠かせない「水」を扱い、研究することにより、新たなサービスや価値を生み出しています。

ビジネスモデル

栗田工業は、1949年に創業して以来、「水と環境」の分野で事業を展開してきました。水処理のリーディングカンパニーとして、産業における水にかかわる課題解決を通じて、水処理薬品、水処理装置およびメンテナンスサービスの商品・技術、ノウハウを提供しています。

また、「水資源問題の解決」「廃棄物の削減」等を取り組むべき社会課題と捉え、これまでにない「新たな価値」を生み出していく企業でもあります。

水を扱う業界におけるポジション

同じ水を扱う業界には「オルガノ」や「野村マイクロ・サイエンス」などがあります。 「オルガノ」は売上高が923億円を誇り、電力や半導体向けの純水製造装置の開発を進め、また水処理薬品の提供もおこなう企業です。近年はアジアを中心に展開を進めています。

「野村マイクロ・サイエンス」は、売上高が251億円の超純水装置の大手であり、韓国や台湾市場開拓の先駆者でもあります 。それに対して「栗田工業」は、売上高は2594億円であり、総合水処理の最大手として大きな数字を計上しています。

平均年収でも栗田工業は883.6万円、オルガノは735.6万円、野村マイクロ・サイエンスは616万円)と売り上げだけでなく、平均年収もほかの企業に比べ突出して高いことがわかります。

将来性

栗田工業は、2018年4月にスタートした中期経営計画「MVP-22(Maximize Value Proposition 2022)」において、企業理念に込められた使命を見つめ直し、社会への影響に対する責任を持って、経営戦略に取り組んでいます。

生活や産業に欠かせない「水」というものを扱い、「新たな価値」を生み出していく企業でもありますので、栗田工業はこれからも安定的に成長していく将来性ある企業と言えるでしょう。

監修者プロフィール

三浦拓巳みうらたくみ

1997年群馬県生まれ。20卒として就職活動を行う。就活中はエントリーシート15社中全て通過。大手広告会社志望から一転、スタートアップに内定を承諾。内定後は人材育成会社にて、エントリーシート、面接などの選考対策に従事し、約70人の生徒を担当。自身の就職活動での学びを活かし、教育事業に注力している。

関連する記事