上場企業とは|メリット・デメリットや非上場についても徹底解説

上場企業とは株式市場に自社の株式を公開していて、自由に自社株式を売買できるようにしている企業のことです。この記事では上場企業の基礎知識と、企業側・労働者側の視点から上場企業のメリット・デメリットを紹介します。職場選びでも大切な考え方になるのでぜひ参考にしてみて下さい。

大手

上場とは

https://images.unsplash.com/photo-1559589689-577aabd1db4f?ixlib=rb-1.2.1&q=80&fm=jpg&crop=entropy&cs=tinysrgb&w=1080&fit=max&ixid=eyJhcHBfaWQiOjg4MjYyfQ
https://images.unsplash.com/photo-1559589689-577aabd1db4f?ixlib=rb-1.2.1&q=80&fm=jpg&crop=entropy&cs=tinysrgb&w=1080&fit=max&ixid=eyJhcHBfaWQiOjg4MjYyfQ

株式会社には上場企業と非上場(未上場)企業の2つのタイプがあり、株式市場で株式を取引できるかどうかで分かれます

この記事では上場企業の特徴やメリット・デメリットについて紹介しますが、まずこの見出しで上場企業の基本的な情報を整理しておきましょう。

株式を証券取引所で売買できるようになる

「上場」とは株式を証券取引所で売買できるようにすることです。

上場することで様々な会社の株式が売買される「株式市場」で自社の株式の売買が可能になります。言い方を変えれば上場することで不特定多数の投資家から資金調達が可能になります

非上場企業でも、上場せずに特定の投資家から資金調達をすることも可能です。ただし、企業がより流動的にいつでも必要なタイミングで資金調達がしたい場合には上場した方が効率的になります。

企業側からすれば上場基準をクリアするための準備に時間がかかりますが、その一方で上場すれば資金調達の自由度が向上し、社会的な信用も手に入ります

株式=資本の単位

ここで「株式」とは何かを一度おさらいしておきますが、「株式」とは資本の単位と考えるとわかりやすいです。

もし会社が倒産した場合に保有している株式数に応じて資産が分配されるという側面もあるため、株式はその会社の資本をどれだけ保有しているのかを証明する役割も果たしています

一方で、企業は自社の事業をより大きくしたり企業規模の拡大のために資金調達を行っており、株式を発行することで投資家から資金を調達し、提供された資金の額に応じた株数を投資家に譲渡します。

企業が株式を通して調達した資金は返済の義務がありません。その代わりに投資家に会社の経営方針に対して意見を述べる権利が与えられたり、利益が出た場合に保有している株式数に応じて投資家に配当を支払う義務があります。

証券取引所=株式の売買を行う場所

証券取引所とは株式を売買する取引所で、日本には以下の4つの証券取引所があります。

証券取引所

株式市場

東京証券取引所(東証)

東証一部

東証二部

マザーズ

JASDAQ

名古屋証券取引所(名証)

名証一部

名証二部

セントレックス

札幌証券所(札証)

本則市場

アンビシャス

福岡証券取引所(福証)

本則市場

Q-Board

各証券取引所の株式市場にはそれぞれ明確な上場の基準が設けられており、東証一部・二部への上場は非常に難しいです。また東証は圧倒的に大きな取引規模があり、ニューヨーク証券取引所・ロンドン証券取引所と並ぶ世界3大証券取引所となっています。

厳密には「大阪取引所」という市場もあり、2013年まで「大阪証券取引所(大証)」として機能していました。しかし、2013年7月に東京証券取引所に1部の取引市場が移管され、現在は金融派生商品のみを取り扱う大阪取引所となっています。

上場企業のメリット・デメリット

https://images.unsplash.com/photo-1497223257145-105821384fba?ixlib=rb-1.2.1&q=80&fm=jpg&crop=entropy&cs=tinysrgb&w=1080&fit=max&ixid=eyJhcHBfaWQiOjgwODQxfQ
https://images.unsplash.com/photo-1497223257145-105821384fba?ixlib=rb-1.2.1&q=80&fm=jpg&crop=entropy&cs=tinysrgb&w=1080&fit=max&ixid=eyJhcHBfaWQiOjgwODQxfQ

次に上場企業であることのメリットとデメリットを見てみましょう。

「上場」と聞くと「なんとなく良さそう」「信用できる会社」というイメージが有り、直感的には良いイメージが先行します。しかしその一方で企業側にもそこで働く従業員にもデメリットはあります。

ここではそれぞれのメリット・デメリットを確認し、働く会社選びの1つの基準をインプットしておきましょう

企業にとっての上場企業のメリット・デメリット

まずは企業の視点からメリット・デメリットをそれぞれ2つずつ紹介します。

企業にとって上場することは社会的な信用やブランドイメージの確立、そして資金調達の自由度が向上するという点ではメリットがあります。しかし一方で上場への準備に手間がかかったり株式市場に振り回されるリスクなどもあります

それぞれのメリット・デメリットについて具体的に見ていきましょう。

メリット①|社会的な信用・ブランドの確立

企業にとっての上場の1つ目のメリットは社会的な信用や自社ブランドが確立できることです。

後述しますが株式市場に上場するためには従業員数・事業継続年数・資産総額などの明確な審査基準があり、それをクリア出来るのは数ある企業の中でもごく1部です。その中でも東証一部・二部への上場は限られた企業しか果たすことが出来ません。

現に、一部と二部の上場企業数はそれぞれ2156社と485社です。日本には400万以上の企業が存在し、その中で上場を達成できることは自社の信頼性・成長性を裏付けることに繋がります

メリット②|資金調達の自由度が向上する

企業にとっての2つ目のメリットは資金調達の自由度が向上することです。

上場していない場合には銀行・ベンチャーキャピタル・個人投資家・エンジェル投資家などに直接資金提供の依頼をするか、資金提供の申し出を受けるしか資金調達手段がありません。

しかし、株式市場に上場することで不特定多数の投資家から自由に資金調達が出来るようになるので、必要な時にいつでも必要な分の資金を株式市場から確保することが出来るようになります

デメリット①|上場基準クリア前後に手間が増える

上場企業にとっての1つ目のデメリットは上場基準をクリアしたり、上場後に様々な手間が増えることです。

先述の通り、株式市場への上場には各市場で明確に基準が設けられており、その基準をクリアするために資金・組織体制・財務面などあらゆる面の調整が必要になります。

また、上場基準をクリアした後も四半期ごとに決算報告をする義務があり、継続的に発生する業務が上場前に比べて圧倒的に増えます。

デメリット②|株式市場の動向に振り回される・買収リスクが高まる

企業が上場する際の2つ目のデメリットは株式市場の動向に左右されたり、買収されるリスクが高まることです。

上場株式は国内外の政治・経済・地政学的要因などから投資家の「思惑」によって売買されます。つまり資金調達の自由度が高まる一方で、投資家たちに広まる噂によって、自社の業績が良くても株が売られて資金調達できない可能性もあります。

また、株式にはその保有数に応じて経営方針への発言権が与えられます。そのため公開している株式を1つの企業や投資家が大量に購入すれば、自社の経営の実験を握られてしまったり、敵対的な買収を行われる可能性もあります。

働く人にとっての上場企業のメリット・デメリット

次は働く人の視点に立って、メリット・デメリットを紹介します。

上場企業(特に東証一部・二部上場企業)で働くことができれば、一般的にステータスを手に入れられていることになりますが、その一方で上場企業ならではの従業員にとってのデメリットも存在します。

ここで従業員としてのメリット・デメリットを詳しく確認しておきましょう。

メリット①|ステータスの獲得・社会的な信用

労働者が上場企業で働く1つ目のメリットは社会的な信用やステータスを獲得できることです。

上場企業は数多く存在する企業の中でも一握りの存在なので、そこで働けるということは自分の能力や地位を証明になります。一般的にわかりやすいステータスを手に入れられるので、自分の自信にもつながります。

そのような精神的な部分だけではなく、転職する時に上場企業で働いていたことは1つのアピールポイントになりますし、住宅ローンを組む時にも信用が得られるので個人としてライフステージ毎に必要な資金確保が容易になります。

メリット②|充実した福利厚生・スケールの大きい仕事

労働者にとっての2つ目のメリットは、充実した福利厚生を受けられたりスケールの大きい仕事に携われる可能性が高いことです。

上場企業は厳しい上場基準をクリアしていたり、継続的に株式市場から資金調達を行うために、非上場企業に比べて社内の労働環境も充実させていることがほとんどです。そのため福利厚生も非上場企業よりは充実している傾向があります。

また、上場企業という社会的信用や投資家から継続的に求められる増益を達成するために、大きな仕事に携わっていることが多いです。そのため上場企業に勤めれば社会にインパクトを与えられるスケールの大きな仕事が出来る可能性も高まります。

デメリット①|代わりの人材はいくらでもいる

上場企業で働く1つ目のデメリットは代わりの人材はいくらでもいることです。

上場企業は上述のようなメリットが得られるため、転職市場でも新卒採用市場でも人気が高い企業が沢山あります。その中で内定を獲得できればメリットを享受できますが、一方でいつでも代わりの人材が確保できる場所で働くことになります

企業の風土にもよりますが、現在は働き方改革と生産性の維持向上の間にある企業も多いです。そんな企業で求められている成果が挙げられなければ、いつでも変わりの人材に自分の役職や地位を奪われてしまう可能性もあります。

デメリット②|株式市場の動向や投資家に左右される

上場企業で働く2つ目のデメリットは株式市場の動向や投資家の思惑に左右されることです。

非上場企業であれば自社の戦略や方針は社長や経営陣に決定権は存在しますが、上場企業であればその決定権や発言権は社外の投資家にもあります。つまり経営陣が自社の方針を決定する上での自由度が下がるということです。

その結果、経営陣の方針が株主に受け入れられなければ方針転換する必要が出たり、いつまでも明確に会社の方針が決まらなくなることもあります。その結果従業員は判然としない状況で仕事を続ける可能性があります。

監修者プロフィール

三浦拓巳みうらたくみ

1997年群馬県生まれ。20卒として就職活動を行う。就活中はエントリーシート15社中全て通過。大手広告会社志望から一転、スタートアップに内定を承諾。内定後は人材育成会社にて、エントリーシート、面接などの選考対策に従事し、約70人の生徒を担当。自身の就職活動での学びを活かし、教育事業に注力している。

関連する記事