【2021卒】JAL(日本航空)の仕事内容を職種別に解説!転勤・残業の実態は?

JALはANAと並ぶ日本を代表する航空会社の1つです。この記事ではそんなJALの事業内容・仕事内容・職場環境などを紹介します。仕事内容については本社などの業務企画職・客室乗務職・パイロットそれぞれについても紹介しています。選考を希望する学生は、企業研究に役立ててください。

職種航空

JAL(日本航空)は大手航空会社

https://images.unsplash.com/photo-1464037866556-6812c9d1c72e?ixlib=rb-1.2.1&q=80&fm=jpg&crop=entropy&cs=tinysrgb&w=1080&fit=max&ixid=eyJhcHBfaWQiOjg4MjYyfQ
https://images.unsplash.com/photo-1464037866556-6812c9d1c72e?ixlib=rb-1.2.1&q=80&fm=jpg&crop=entropy&cs=tinysrgb&w=1080&fit=max&ixid=eyJhcHBfaWQiOjg4MjYyfQ

JAL(日本航空は)はANA(全日本空輸)に次いで売上ランキング2位を誇る、日本を代表する航空会社の1つです。

会社情報は以下の通りです。

会社名

日本航空株式会社

創業

1951年8月1日

業界

空運業

本社所在地

東京都品川区東品川2丁目4番11号

社長名

赤坂祐二

売上(百万円)

1,487,261(百万円)

従業員数(名)

34,003(連結)、12,750(単独)

1951年に創業したJALはもともと国営企業でしたが、1987年に完全に民営化。2010年に一度経営破綻を経験した後、2011年3月に会社更生手続きを終了し、現在はANAと並ぶ日本の航空会社となっています。

JAL(日本航空)の事業内容

JAL(日本航空)の事業の中心は、国内線・国際線の旅客運送事業です。全体に対する売上比率は、国内線で約40%、国際線で約30%となっています。

またJALのIR情報によると、旅客運送に付随する多様な業務を、子会社が担当しています。

  • 空港旅客サービス(旅客誘導・予約手続きなど)
  • グランドハンドリング(貨物の搭載・航空機誘導・機体のクリーニングなど)
  • 整備(航空機・エンジン・部品の整備)
  • 貨物(貨物・郵便物の取り扱い、貨物管理施設の運営)
  • 空港周辺事業(機内食調整・手荷物配達など)
  • 旅客販売(ツアーの企画や販売・予約対応など)
  • その他(JALカード・航空機部品売買・旅券予約システム構築など)

JAL(日本航空)の募集職種

JALの2020年卒までの募集要項によると、募集職種は以下の通りです。

  • 業務企画職(地上職 事務系)
  • 業務企画職(地上職 数理・IT系)
  • 業務企画職(地上職 技術系)
  • 自社養成パイロット
  • 客室乗務職

エントリー出来る職種は上記の5職種です。業務企画職は他社でいう総合職に相当します。一方、自社養成パイロットおよび客室乗務職は専門職という立場で、「運航のプロ」として業務に従事することになります。

各職種の採用情報や、内定を獲得する上で肝と言われるインターンの情報などは下記の記事でも紹介しておりますので、選考への参加を考えている方は参考にしてみて下さい。

職種別|JAL(日本航空)の仕事内容

https://images.unsplash.com/photo-1561101904-da649fcbf03f?ixlib=rb-1.2.1&q=80&fm=jpg&crop=entropy&cs=tinysrgb&w=1080&fit=max&ixid=eyJhcHBfaWQiOjg4MjYyfQ
https://images.unsplash.com/photo-1561101904-da649fcbf03f?ixlib=rb-1.2.1&q=80&fm=jpg&crop=entropy&cs=tinysrgb&w=1080&fit=max&ixid=eyJhcHBfaWQiOjg4MjYyfQ

次はJALの仕事内容を紹介します。

先述の通り、JALの選考と入社後の業務は大きく分けて5つに分かれています。それぞれの業務内容は全く異なるので、あなたがどの業務に取り組むかを判断するために、ここでそれぞれの業務内容を確認しましょう。

業務企画職(事務系)の仕事内容

業務企画職(事務系)の仕事内容は、日本航空という企業を運営していくことです。具体的には、航空ビジネスにおけるマーケティング・新サービス開発・各種営業・経理・人事などを担います

本社などで自社の利益につながるビジネスを構築したり、現場の職員が働きやすい環境を整える業務に当たるのがこの職種の仕事であるため、現場で航空機を整備したり乗務員や添乗員として直接お客様に触れるものではありません。

そのため、幅広い視野を持ち、常に新しいアイディアで企業のサービスを進化させていくことができる人材が求められています。

業務企画職(数理・IT系)の仕事内容

業務企画職(数理・IT系)仕事内容は、より専門的な側面から企業の成長を後押しすることです。

数理が専門の場合、統計学などの専門的な知識を使ってデータ分析を行い、航空機の路線計画・商品や航空券の販売戦略を考えることが主な業務となります。

一方、ITが専門であれば、IoT・AI・ロボットなどを活用して、自社が関わる物流の最適化などを行い、ビジネスの収益性を向上させる業務に主に取り組むことになります。

そのため、理系で数字に強い学生やシステム構築に関する実務経験などを学生時代のうちに積んでいる学生の方が、選考に有利と考えられます。

業務企画職(技術系)の仕事内容

業務企画職(技術系)の仕事内容は航空機の部品の開発・設計、航空機の内装の企画、航空機の整備などを行うことです。

飛行機の整備や機内の内装などは、安全性が最重要視される職業です。そのためこの職種では事務系・数理IT系と比べて、人命により直結する職種となります。

そのため、この仕事ではモノづくりを楽しめる一方で、自分の仕事に強い責任感を持って取り組むことができ、報連相を徹底できる人が向いている仕事と言えます。自分が企画した航空機が稼働した時は、大きなやりがいを感じられるはずです。

客室乗務職・自社養成パイロットの仕事内容

客室乗務職・自社養成パイロットの仕事内容は、「旅客機の操縦と、安全にお客様を目的地に送り届けるためのサービスを提供すること」です。

この2つの職種は、国内線・国際線両方に乗務する可能性がありますが、どちらの場合も業務内容は変わりません。

この仕事は国内外を飛び回れるという点で、仕事の楽しさを感じられるでしょう。その一方、常に危険と隣り合わせの仕事で、その対応方法に関する膨大なマニュアルも存在します。

特に自社養成パイロットは、緊急時でも慌てず、機内にいる限られたメンバーと適切なコミュニケーションを取りながら判断を下すこと求められるでしょう。

監修者プロフィール

三浦拓巳みうらたくみ

1997年群馬県生まれ。20卒として就職活動を行う。就活中はエントリーシート15社中全て通過。大手広告会社志望から一転、スタートアップに内定を承諾。内定後は人材育成会社にて、エントリーシート、面接などの選考対策に従事し、約70人の生徒を担当。自身の就職活動での学びを活かし、教育事業に注力している。

関連する記事