【2021卒】タカラトミーの仕事内容を職種別に解説!転勤・残業の実態は?

タカラトミーに就職するため、新卒採用を受けたいと考えている人も多いことでしょう。タカラトミーは玩具メーカーとして有名であるものの、選考を受けるなら具体的な仕事の中身まで知っておくことが大切です。この記事ではタカラトミーの仕事内容について詳しく説明していきます。

職種

タカラトミーは玩具メーカー

https://images.unsplash.com/photo-1558877385-6fc9b25e3adf?ixlib=rb-1.2.1&q=80&fm=jpg&crop=entropy&cs=tinysrgb&w=1080&fit=max&ixid=eyJhcHBfaWQiOjg4MjYzfQ

タカラトミーは日本を代表する玩具メーカーです。トミカやプラレール、リカちゃん人形などのロングセラー玩具やベビー用品などの製造・販売をしています。

また、ポケットモンスターやディズニー、各種アニメの権利を買って関連グッズも手掛けています。「人生ゲーム」や「黒髭危機一髪」などの定番玩具もタカラトミーの商品です。

子ども時代、タカラトミーの商品で遊びながら育った人が大多数でしょう。タカラトミーは多くの人から親しまれている企業だと言えます。

また以下の記事では、タカラトミーの選考フローや志望動機、求める人物像などを紹介しています。エントリーを希望する学生は、ぜひご覧ください。

企業別|タカラトミーグループの事業内容

タカラトミーは、「タカラトミーグループ」のうちの1社です。タカラトミーグループは以下の4社で構成されています。

  • タカラトミー
  • タカラトミーアーツ
  • トミーテック
  • タカラトミーマーケティング

各社異なる商品を販売しているので、「この商品にかかわりたい」という思いがあるなら、どの会社が担当しているのかを把握しておきましょう。各社の事業内容について以下で説明します。

キャラクター商品の小売店舗「キディランド」もタカラトミーグループの所属ですが、今回は割愛します。

タカラトミーの事業内容

タカラトミーは他3社の親会社にあたる玩具メーカーです。プラレールやリカちゃん人形などの定番商品から女児向けのサンリオや男児向けのデュエルマスターズ商品を販売しています。

また、国内だけでなく海外での展開にも力を入れています。アメリカ、オセアニア、アジア各国で売上を伸ばすべく販売網を拡大しようと奮闘しています。

タカラトミーアーツの事業内容

タカラトミーアーツはカプセル玩具や玩具菓子、ぬいぐるみなどをメインに製造・販売しています。ポケモンのぬいぐるみやディズニーグッズ、トミカを手掛けているのがタカラトミーアーツです。

また、2012年にはコンピューター関連事業がタカラトミーアーツに移され、ゲーム関連グッズもタカラトミーアーツが担当しています。

トミーテックの事業内容

トミーテックは玩具・天体望遠鏡・鉄道模型・フィギュアを製造・販売し、チョロQなども一部扱っています。文具などや3Dスキャナーなども手掛け、タカラトミーやタカラトミーアーツとは少しカラーが異なります。

総合職募集のメイン職種が生産管理であることからも一見製造に特化しているように思える企業ですが、営業部署もあります。と言っても、新卒の大半が栃木の工場で商品の生産管理や設計などに携わることになるでしょう。

タカラトミーマーケティングの事業内容

タカラトミーマーケティングは玩具の卸売や物流業務を担当しています。最先端の輸送のための技術を駆使し、安定して商品を売り場に供給するとともに多様な物流ニーズに対応しています。

タカラトミーマーケティングは営業が中心です。総合職募集も営業職のみとなっています。

職種別|タカラトミーの仕事内容

タカラトミーでは以下のような職種があります。

  • 市場分析・企画開発
  • 生産管理
  • プロモーション・営業
  • 管理部門

それぞれの職種について以下で詳しく説明します。

市場分析・企画開発の仕事内容

市場分析や企画開発はいわゆるマーケティング職で、あらゆる仕事の先頭を切る職種です。市場分析を通じて今の時代に合った商品を考え、玩具の売上やニーズを探り、新しい玩具を生み出すのが仕事です。

玩具のコンセプトにかかわる仕事なので「自分がつくった玩具だ」と言える商品を持つことでき、やりがいに溢れています。試行錯誤を繰り返しながら企画を練り上げていくため、発想力だけでなく忍耐力も必要です。

また、タカラトミーは海外進出もしているので、海外マーケットの調査など他ではなかなか経験することができないプロジェクトにかかわることができる可能性もあります。

生産の仕事内容

生産は自分の仕事が商品の出来に直結する仕事です。金型や素材のチェックから工場の稼働、出荷までを担当し、タカラトミーの高い信頼と品質を守っているのは生産だと言えます。

1つのミスがタカラトミーの信頼失墜につながってしまうため、注意深さや何度も確認する慎重さが求められます。その分、「自分の手で商品を作り、子どもに届けている」実感も感じることができる職種です。

中国・タイ・ベトナムなどタカラトミーはアジア各国にも工場を持っているため、将来的には海外での工場勤務もキャリアプランとして考えられます。

プロモーション・営業の仕事内容

プロモーション・営業ともに販売促進をする仕事です。店舗で販売してもらえるよう営業したり、玩具のディスプレイ方法を考えたり、イベントによって玩具に触れてもらう機会を設けたりと売上に直結する部分を担当します。

タカラトミーは実店舗の販売促進だけでなく、自社ECサイト「タカラトミーモール」にとても力を入れています。全社的にも「デジタルに注力したい」との方針があり、Webでのプロモーションも積極的に行っています。

Twitterを使って売上の予測をし、YouTubeの広告やYouTuberとのコラボ企画によってプロモーションをしています。子どもとの接点を考え、自由に発想・企画できる力が求められます。

管理部門の仕事内容

管理部門は他の部門がそれぞれの業務に集中できるよう、総務・人事・経理・法務・広報などの庶務を担当します。他の職種が煩雑な諸作業をしなくて済むのは管理部門が代わりに仕事を行ってくれているからです。

社内のほとんどの人とかかわることになるので、円滑なコミュニケーションを取ることができる能力が求められます。月末は忙しくなるものの、業務量が安定しているのも管理部門の魅力です。

社内のビジネス全体を見渡すことができるポジションでもあるので、広い視野を身につけることができる点もやりがいだと言えるでしょう。

監修者プロフィール

三浦拓巳みうらたくみ

1997年群馬県生まれ。20卒として就職活動を行う。就活中はエントリーシート15社中全て通過。大手広告会社志望から一転、スタートアップに内定を承諾。内定後は人材育成会社にて、エントリーシート、面接などの選考対策に従事し、約70人の生徒を担当。自身の就職活動での学びを活かし、教育事業に注力している。