MARCH(マーチ)とは?|それぞれの大学の偏差値やSMART(スマート)について解説します!

関東圏で偏差値が高く、人気の有名私立大学にMARCH(マーチ)があります。MARCH(マーチ)は5つの大学を表していますが、それぞれ特徴が異なります。また、大学偏差値にも違いがあります。そこで今回は、MARCH(マーチ)に名を連ねる大学の特徴や偏差値などについて、またSMART(スマート)についても解説します。

大学

MARCH(マーチ)は有名私立大学群

https://images.unsplash.com/photo-1504817343863-5092a923803e?ixlib=rb-1.2.1&q=80&fm=jpg&crop=entropy&cs=tinysrgb&w=1080&fit=max&ixid=eyJhcHBfaWQiOjg4MjYzfQ
https://images.unsplash.com/photo-1504817343863-5092a923803e?ixlib=rb-1.2.1&q=80&fm=jpg&crop=entropy&cs=tinysrgb&w=1080&fit=max&ixid=eyJhcHBfaWQiOjg4MjYzfQ

MARCH(マーチ)とは以下の5つの大学をさし、頭文字がその由来となっています。

  • M:明治大学
  • A:青山学院大学
  • R:立教大学
  • C:中央大学
  • H:法政大学

ここではMARCH(マーチ)に名を連ねる大学の特徴を、具体的に紹介します。

M【明治大学】

明治大学は1881年に、自由民権思想を学んだ青年法律家によって創設されました。ここでは明治大学の特徴や偏差値、主な就職先について説明します。

明治大学の特徴

明治大学の特徴として、以下のものがあげられます。

  • 学部や文理を超えて学べる科目が豊富
  • 自主性と積極性を養うアクティブラーニングやゼミナール形式の授業を導入
  • アクセスのよい都市型キャンパスが4つある
  • 部活やサークルなど課外活動も盛ん
  • 資格取得や就職支援のサポートが手厚い
  • 4年間で卒業できる留学制度がある
  • 独自の奨学金制度も充実

MARCH(マーチ)の中で最も認知度が高く、政治経済学部・法学部・商学部が強いことで知られています

明治大学の学部別偏差値

各種サイトからの情報をもとに、明治大学の学部別の偏差値を以下にまとめました。

学部学科名

偏差値

文学部文学科

61

文学部史学地理学科

61

文学部心理社会学科

61

法学部法律学科

62

政治経済学部政治学科

63

政治経済学部経済学科

61

政治経済学部地域行政学科

61

国際日本学部国際日本学科

64

商学部商学科

63

経営学部経営学科

63

経営学部会計学科

63

経営学部公共経営学科

63

情報コミュニケーション学部情報コミュニケーション学科」

63

農学部農学科

62

農学部農芸化学科

60

農学部生命科学科

60

農学部食糧環境政策学科

60

理工学部建築学科

62

理工学部情報科学科

61

理工学部機械工学科

60

理工学部機械情報工学科

60

理工学部応用化学科

59

理工学部物理学科

59

理工学部電気電子生命工学科

57

理工学部数学科

57

総合数理学部先端メディアサイエンス学科

60

総合数理学部現象数理学科

60

総合数理学部ネットワークデザイン学科

57

明治大学の難易度

明治大学が公開している「2019年度入試データ・一般入試結果」によると、学部別の倍率は以下の通りです。

学部

倍率

法学部

4.4倍

商学部

6.3倍

政治経済学部

3.4倍

文学部

5.5倍

理工学部

3.8倍

農学部

4.2倍

経営学部

7.5倍

情報コミュニケーション学部

4.8倍

国際日本学部

3.9倍

総合数理学部

7.9倍

A【青山学院大学】

青山学院大学は1941年に創設され、「あおがく」という名称で有名です。ここでは青山学院大学の特徴や偏差値、主な就職先について説明します。

青山学院大学の特徴

青山学院大学の特徴として、以下のものがあげられます。

  • キリスト教信仰に基づいた「青山スタンダート」という教育を実践
  • グローバルな人材の育成に力を注いでいる
  • 外国語教育に定評があり、国際関係に強い
  • 情報スキルが必修単位となっている
  • アクセス便利な都心のキャンパス

英語の青山」と呼ばれるほど、英語教育には定評があります。文学部英米文学科と国際政治経済学部が人気です。

青山学院大学の学部別偏差値

各種サイトからの情報をもとに、青山学院大学の学部別の偏差値を以下にまとめました。

学部学科名

偏差値

国際政治学部国際政治学科

64

国際政治学部国際経済学科

64

国際政治学部国際コミュニケーション学科

64

教育人間科学部心理学科

63

教育人間科学部教育学科

62

総合文化政策学部総合文化政策学科

62

文学部英米文学科

62

文学部フランス文学科

62

文学部日本文学科

62

文学部史学科

62

文学部比較芸術学科

61

経営学部経営学科

64

経営学部マーケティング学科

62

法学部法学科

63

経済学部経済学科

63

経済学部現代経済デザイン学科

63

地域社会共生学部地域社会共生学科

61

社会情報学部社会情報学科

61

理工学部情報テクノロジー学科

59

理工学部経営システム工学科

57

理工学部機械創造工学科

56

理工学部化学・生命科学科

56

理工学部物理・数理学科

56

理工学部電気電子工学科

56

コミュニティ人間科学部コミュニティ人間科学科

59

青山学院大学の難易度

青山学院大学が公開している「過去の入学試験結果・参考データ2019年度」によると、学部別の倍率は以下の通りです。

学部

倍率

文学部

5.9倍

教育人間科学部

7.9倍

経済学部

7.9倍

法学部

5.9倍

経営学部

8.8倍

国際政治経済学部

6.6倍

総合文化政策学部

14.0倍

理工学部

4.6倍

社会情報学部

8.2倍

地球社会共生学部

11.8倍

コミュニティ人間科学部

4.7倍

R【立教大学】

立教大学は1922年に、聖書教育の私塾を母体とする大学として創設されました。ここでは立教大学の特徴や偏差値、主な就職先について説明します。

立教大学の特徴

立教大学の特徴として、以下のものがあげられます。

  • 広い視野を持ち、課題を発見・解決できる能力を持つ「新しい」グローバルリーダーの育成を目指す
  • 全学部性を対象とする「グローバル・リーダーシップ・プログラム」を開講
  • 「立教サービスラーニング」という社会貢献活動を、正課授業として導入
  • 英語カリキュラムは全学部生が対象
  • 海外体験プログラムとサポート体制が充実
  • 外国人留学生を数多く受け入れ、多用な文化・言語に触れられるキャンパス

最近は異文化コミュニケーション学部が、早稲田・慶應・上智に肩を並べるほど偏差値がアップしています。

立教大学の学部別偏差値

各種サイトからの情報をもとに、立教大学の学部別の偏差値を以下にまとめました。

学部学科名

偏差値

異文化コミュニケーション学部異文化コミュニケーション学科

66

経営学部経営学科

65

経営学部国際経営学科

65

社会学部社会学科

65

社会学部現代文化学科

64

社会学部メディア社会学科

63

文学部史学科

62

文学部文学科

61

文学部教育学科

61

文学部キリスト教学科

60

経済学部経済学科

62

経済学部経済政策学科

62

経済学部会計ファイナンス学科

61

現代心理学部心理学科

62

現代心理学部映像身体学科

61

法学部法学科

62

法学部政治学科

62

法学部国際ビジネス法学科

61

理学部化学科

58

理学部生命理学科

58

理学部数学科

57

理学部物理学科

56

コミュニティ福祉学部コミュニティ政策学科

61

コミュニティ福祉学部福祉学科

60

コミュニティ福祉学部スポーツウエルネス学科

60

立教大学の難易度

立教大学が公開している「2019年度入試結果」によると、学部別の倍率は以下の通りです。

学部

倍率

文学部

6.1倍

異文化コミュニケーション学部

9.5倍

経済学部

9.0倍

経営学部

7.5倍

理学部

5.4倍

社会学部

7.6倍

法学部

6.6倍

観光学部

4.8倍

コミュニティ福祉学部

7.1倍

現代心理学部

12.3倍

C【中央大学】

1921年に創設された中央大学は、英吉利法律校という法律家による教育機関が母体でした。ここでは中央大学の特徴や偏差値、主な就職先について説明します。

中央大学の特徴

中央大学の特徴として、以下のものがあげられます。

  • 実学重視のカリキュラム編成
  • 司法試験の合格率はMARCH(マーチ)の中でダントツ
  • グローバルな人材を育成するため、3タイプの人材モデルを想定したカリキュラムを用意
  • 国際寮を設置し、生活の中で国際感覚を育む
  • 「インターナショナル・スクール」による、英独仏の大使館並びに国連との交流が盛ん
  • アメリカ・タイ・中国に海外拠点を設置

法曹界への強さが、中央大学の一番の特徴といえるでしょう。

中央大学の学部別偏差値

各種サイトからの情報をもとに、中央大学の学部別の偏差値を以下にまとめました。

学部学科名

偏差値

法学部法律学科

62

法学部国際企業関係法学科

62

法学部政治学科

60

総合政策学部国際政策文化学科

61

総合政策学部政策科学科

60

文学部人文社会学科

60

経済学部経済学科

60

経済学部経済情報システム学科

60

経済学部国際経済学科

60

経済学部公共・環境経済学科

59

商学部経営学科

60

商学部商業・貿易学科

60

商学部金融学科

59

商学部会計学科

59

理工学部都市環境学科

57

理工学部経営システム工学科

57

理工学部情報工学科

57

理工学部精密機械工学科

56

理工学部数学科

55

理工学部物理学科

55

理工学部電気電子情報通信工学科

55

理工学部応用化学科

55

理工学部生命科学科

55

理工学部人間総合理工学科

55

中央大学の難易度

中央大学が公開している「2019年度入試データ」によると、学部別の一般入試の倍率は以下の通りです。

学部名

倍率

法学部

3.2倍

経済学部

7.4倍

商学部

6.5倍

理工学部

4.1倍

文学部

3.6倍

総合政策学部

10.1倍

国際経営学部

7.7倍

国際情報学部

14.8倍

H【法政大学】

法政大学は1920年に、東京仏学校を前身とする私立大学として創設されました。ここでは法政大学の特徴や偏差値、主な就職先について説明します。

法政大学の特徴

法政大学の特徴として、以下のものがあげられます。

  • 自由と進歩の精神を重んじる
  • 自立型の人材育成に力を入れている
  • 国内外でのフィールドワークが豊富
  • キャリア形成につながる学びの場を用意
  • グローバル・オープン科目や英語学位プログラムなど、英語力を磨くカリキュラムが充実

かつては法学部が人気でしたが、近年はグローバル教養学部の偏差値がアップしています。

法政大学の学部別偏差値

各種サイトからの情報をもとに、法政大学の学部別の偏差値を以下にまとめました。

学部学科名

偏差値

グローバル教養学部グロー教養学科

65

文学部英文学科

62

文学部哲学科

60

文学部日本文学科

60

文学部史学科

60

文学部心理学科

60

文学部地理学科

59

国際文化学部国際文化学科

61

法学部法律学科

62

法学部国際政治学科

61

法学部政治学科

60

経営学部経営学科

61

経営学部市場経営学科

61

経営学部経営戦略学科

60

経済学部経済学科

61

経済学部国際経済学科

59

経済学部現代ビジネス学科

59

社会学部社会政策科学科

59

社会学部社会学科

60

社会学部メディア社会学科

59

キャリアデザイン学部

キャリアデザイン学科

60

人間環境学部人間環境学科

60

スポーツ健康学部スポーツ健康学科

59

現代福祉学部福祉コミュニティ学科

59

現代福祉学部臨床心理学科

59

生命科学部応用植物科学科

60

生命科学部生命機能学科

58

生命科学部環境応用化学科

56

デザイン工学部建築学科

59

デザイン工学部システムデザイ学科

59

デザイン工学部都市環境デザ工学科

56

理工学部経営システム工学科

57

理工学部機械工学科

56

理工学部応用情報工学科

56

理工学部電気電子工学科

55

理工学部創生科学科

54

情報科学部コンピュータ科学科

57

情報科学部ディジタルメディア学科

57

法政大学の難易度

法政大学が公開している「2019年度一般入試データ」によると、学部別の倍率は以下の通りです。

学部名

倍率

法学部

5.6倍

文学部

6.3倍

経済学部

6.3倍

社会学部

6.3倍

経営学部

5.9倍

国際文化学部

9.0倍

人間環境学部

8.4倍

現代福祉学部

7.3倍

キャリアデザイン学部

9.4倍

グローバル教養学部

9.3倍

スポーツ健康学部

9.7倍

情報科学部

6.5倍

デザイン工学部

7.2倍

理工学部

4.8倍

生命科学部

4.3倍

関連する記事

監修者プロフィール

三浦拓巳みうらたくみ

1997年群馬県生まれ。20卒として就職活動を行う。就活中はエントリーシート15社中全て通過。大手広告会社志望から一転、スタートアップに内定を承諾。内定後は人材育成会社にて、エントリーシート、面接などの選考対策に従事し、約70人の生徒を担当。自身の就職活動での学びを活かし、教育事業に注力している。