仮面浪人は裏切り者?仮面浪人のメリット・デメリットや注意点を解説!

医学部や東大を目指す人の中には、仮面浪人をする人がいます。時には裏切り者と呼ばれることもあるかもしれません。同じ大学の友人や親からの印象が悪くても、成功率を知った上で仮面浪人をすることは合理的だと言えます。本記事では、まず仮面浪人の定義とメリット・デメリット、注意点について紹介します。

仮面浪人大学

仮面浪人は「大学に籍をおきつつ別の大学の受験勉強をしている大学生」

https://images.unsplash.com/photo-1504817343863-5092a923803e?ixlib=rb-1.2.1&q=80&fm=jpg&crop=entropy&cs=tinysrgb&w=1080&fit=max&ixid=eyJhcHBfaWQiOjg4MjYyfQ
https://images.unsplash.com/photo-1504817343863-5092a923803e?ixlib=rb-1.2.1&q=80&fm=jpg&crop=entropy&cs=tinysrgb&w=1080&fit=max&ixid=eyJhcHBfaWQiOjg4MjYyfQ

高校生の皆さんにとって、仮面浪人と浪人の違いはわかりにくいかもしれません。

仮面浪人とは

仮面浪人とは大学に籍をおきつつ別の大学の受験勉強をしている大学生です。

医学部や東大を目指しており、これから浪人をする可能性がある方は仮面浪人と浪人のどちらを選ぶべきか決められるようにしておくと良いでしょう。

仮面浪人の成功率

大学入学者に占める浪人生の割合は、公的データとして発表されていませんが、日本の統計データが閲覧可能な「e-stat」で抽出できるデータを分析したところ、2018年に大学入学者に占める割合は現役が79%、浪人が21%となっています。

一般的に浪人生が第一志望校に合格する割合は、10%前後といわれています。予備校に通う浪人生や宅浪して勉強に専念する浪人生でも合格率が10%前後であるならば、仮面浪人の成功率はさらにそれより低くなると予想できます。

仮面浪人する経緯

仮面浪人する人が実際に仮面浪人することを決意するには様々な経緯やルートがあります。主にみられるのが以下のような経緯です。

  • 第一志望だった国立大学に落ちたが、私立大学に合格し、私立大学でもとの志望校を目指す

一般的なのが東大不合格者が併願先の早慶で東大再受験を目指すパターンです。他にも、

  • 国立大学に入学したが、更にレベルの高い国立大学/学部を目指す
  • 私立大学に入学したが、更にレベルの高い私立大学/学部を目指す
  • 同じ大学の他の学部を目指し直す

などもあります。いずれにせよ、仮面浪人を決意する人はさらなる高みをめざして再受験しています。珍しいですが同じ大学内で他の学部に行きたくなっても、編入するのが難しかったり編入自体ができなかったりするため、再受験するというケースもあるようです。

仮面浪人の2つのパターン

また、仮面浪人にも勉強方法によって2つのパターンがあります。

パターン①|大学に行きながら受験勉強をする

1つ目のパターンは、大学に行きながら受験勉強をするパターンです。仮面浪人の場合、大学では必修科目等の科目のみを履修し、空き時間は受験勉強をするというプランになります。

仮面浪人をしていれば、試験に不合格となっても在籍している大学に通い続けることが可能です。そのため、進学できる程度に大学の勉強もしていれば仮面浪人の方が失敗した時のダメージは小さいといえます。

パターン②|大学には行かず受験勉強をする

2つ目のパターンは、大学に行かず受験勉強をするパターンです。仮面浪人でも、大学には行かず受験勉強だけをしていると、在籍している大学での進学は考慮していないことになります。

仮に浪人に失敗した場合、在籍している大学も留年する可能性が高くなります。受験勉強に集中できる分、大学に行きながら受験勉強をするよりもリスクは高いと言えます。

仮面浪人するメリット・デメリット

https://images.unsplash.com/photo-1531545514256-b1400bc00f31?ixlib=rb-1.2.1&q=80&fm=jpg&crop=entropy&cs=tinysrgb&w=1080&fit=max&ixid=eyJhcHBfaWQiOjg4MjYyfQ
https://images.unsplash.com/photo-1531545514256-b1400bc00f31?ixlib=rb-1.2.1&q=80&fm=jpg&crop=entropy&cs=tinysrgb&w=1080&fit=max&ixid=eyJhcHBfaWQiOjg4MjYyfQ

本見出しでは、仮面浪人をするメリット・デメリットをそれぞれ紹介します。メリットとデメリットは、コインの表裏のような特徴があります。

以下では勉強面に関するメリット・デメリットを紹介していますが、仮面浪人であまり大学に行かず受験勉強をする場合、金銭的なデメリットも考えられます。

仮面浪人であまり大学に行かないと、支払った入学金や授業料は全て無駄になってしまいます。特に受験に失敗すると、1年分の学費を無駄にすることにもなる点に留意しておきましょう。

メリット

デメリット

パターン①|大学に行きながら受験勉強をする

メリハリをつけて集中することができる

授業や通学時間で時間をとられる

パターン②|大学にあまり行かず受験勉強をする

受験勉強にのみ時間を割くことができる

マンネリ化して集中力が落ちやすい

パターン①|大学に行きながら受験勉強をする

1つ目は、大学に行きながら受験勉強をするパターンです。仮面浪人で大学に行きながら受験勉強をする場合、必修単位など最小限の授業を受講することとなります。

以下では、大学に行きながら受験勉強をするメリットとデメリットをそれぞれ紹介します。

メリット①|メリハリをつけて集中することができる

大学に行きながら受験勉強をすることで、メリハリをつけて集中することができるというメリットがあります。浪人生は、約1年後に最高のパフォーマンスを発揮することが必要です。

大学に行きながら受験勉強をすると、早寝早起きの習慣が崩れにくいでしょう。また、授業と受験勉強というようにメリハリをつけて集中することが期待できます。

メリット②|友人と会話することで勉強のストレスを発散できる

仮面浪人生は孤独になりがちです。周りはすでに大学生ですから、自分だけが受験勉強をしているという状況に陥る可能性が高いです。しかし、大学に通いながら勉強することで、少なくとも友人や知り合いと関わる機会は保てます。友人と話すことは良いストレス発散になります。

もし、友人に仮面浪人していることを打ち明けられるなら、良き相談相手にもなってくれます。大学の授業やテストのときに協力してくれるかもしれません。

大学に通いながら受験勉強をするのは大変ですが、友人関係を保てるという点ではメリットと言えるでしょう。

メリット③|大学に落ちても今の大学に通うことができる

大学に通いながら受験勉強をすることで、受験に失敗したときの補償になります。うまく単位を取れれば、留年せずに進学することも可能ですし、人間関係を新しく構成しなくても済みます。少なくとも失敗しても居場所があることで安心できる部分はあります。

また、途中で再受験が嫌になっても今の大学があるので、特に問題はありません。

デメリット①|授業や通学時間で時間をとられる

大学に行きながら受験勉強をすると、授業や通学時間で時間をとられるデメリットがあります。浪人では、1分1秒でも多く勉強して合格率を高めることが理想的です。

しかし、大学に行きながら受験勉強をすると、授業や通学時間の間は受験勉強ができません。そのため、何の時間を優先すべきかをよく考えて決めることが求められます。

パターン②|大学にはあまり行かず受験勉強をする

2つ目は、大学にあまり行かず受験勉強をするパターンです。仮面浪人で大学にはあまり行かず受験勉強をする場合、進級の可否はあまり考慮せず合格を優先させます。

以下では、大学にあまり行かず受験勉強をするメリットとデメリットを、それぞれご紹介します。

メリット①|受験勉強にのみ時間を割くことができる

大学にはあまり行かず受験勉強をすることで、受験勉強にのみ時間を割くことができるというメリットがあります。大学受験では、勉強量が合否に少なからず影響をもたらします。

高い集中力を維持し続けることは難しくても、受験勉強という1つのことに時間を投資しずっと向き合い続けることで、合格に近づくことが期待できます。

2つのことを器用にできないタイプの方は、大学にはあまり行かず受験勉強にのみ集中しましょう。

デメリット①|マンネリ化して集中力が落ちやすい

大学にはあまり行かず受験勉強をすると、マンネリ化して集中が悪化しやすいというデメリットがあります。

勉強をしているつもりでも、別の考えてしまい上の空だったり、つい勉強以外のことをしてしまったりという懸念もあります。

大学にあまり行かず勉強に向き合う以上、自己管理をきっちりと行い集中して勉強をつづけることが求められます。

デメリット②|余分なお金がかかる

大学に通うには様々なお金がかかります。学費に加え、入学金や教科書代など合算するとかなりの高額です。特に私立の場合や自宅外通学の学生はさらに費用が必要です。

それなのに大学に通わないでいるのは、余分にお金を払っていることになります。

監修者プロフィール

三浦拓巳みうらたくみ

1997年群馬県生まれ。20卒として就職活動を行う。就活中はエントリーシート15社中全て通過。大手広告会社志望から一転、スタートアップに内定を承諾。内定後は人材育成会社にて、エントリーシート、面接などの選考対策に従事し、約70人の生徒を担当。自身の就職活動での学びを活かし、教育事業に注力している。

関連する記事