キャリアウーマンはどんな人?キャリアウーマンが多い職業や恋愛事情についても解説します!

就活や婚活では、キャリアウーマンという言葉を耳にしますが皆さんはどのような印象をお持ちでしょうか。恋愛が苦手で、年収が高い独身女性がよくあるキャリアウーマン像かと考えられます。本記事では、まずキャリアウーマンの特徴と職業をご紹介し、次に参考として結婚に関わるポイントもお伝えします。

社会人

キャリアウーマンとは

https://images.unsplash.com/photo-1482361046637-0226fdcfa3b7?ixlib=rb-1.2.1&q=80&fm=jpg&crop=entropy&cs=tinysrgb&w=1080&fit=max&ixid=eyJhcHBfaWQiOjg4MjYzfQ
https://images.unsplash.com/photo-1482361046637-0226fdcfa3b7?ixlib=rb-1.2.1&q=80&fm=jpg&crop=entropy&cs=tinysrgb&w=1080&fit=max&ixid=eyJhcHBfaWQiOjg4MjYzfQ

キャリアウーマンという言葉を、日頃使う方もいらっしゃるかもしれませんが具体的にどのような女性をイメージされているでしょうか。

  • バリバリ仕事ができる有能な女性
  • 恋愛や結婚が苦手はキャリア派の女性
  • プライドと年収が高い女性

代表的なキャリアウーマンとしては、これらが考えられますが共通点としては、プライベートよりもキャリアを優先した女性だと考えられます。

過去には、キャリアウーマンを描いたドラマも数多くありイメージに繋がったと考えられます。

キャリアウーマンの特徴

https://images.unsplash.com/photo-1497215842964-222b430dc094?ixlib=rb-1.2.1&q=80&fm=jpg&crop=entropy&cs=tinysrgb&w=1080&fit=max&ixid=eyJhcHBfaWQiOjg4MjYzfQ
https://images.unsplash.com/photo-1497215842964-222b430dc094?ixlib=rb-1.2.1&q=80&fm=jpg&crop=entropy&cs=tinysrgb&w=1080&fit=max&ixid=eyJhcHBfaWQiOjg4MjYzfQ

前述のみだしでは、「キャリアウーマンとはどのような女性か」をご紹介しましたが、よりわかりやすい特徴を知りたい方も多いと考えられます。

そこで本見出しでは、キャリアウーマンの特徴を仕事編とプライベート編に分類して、それぞれ3つずつ特徴をご紹介していきます。

キャリアウーマンの特徴【仕事編】

以下では、仕事編としてキャリアウーマンの特徴を3つ解説します。

キャリアウーマンとは、「仕事を意味するCareer」と、「女性たちを意味するWomen」を繋ぎ合わせた造語です。

特徴をまとめると、キャリアウーマンは学歴、収入と能力が全て高い女性だと考えられます。

特徴①|高学歴である

1つ目の特徴は、高学歴であることです。高学歴とは、偏差値の高い大学・大学院の出身だったり、難関資格を保持している人を表します。

  • 東大早慶の出身である
  • 会計士や弁護士資格を保持している

具体的には、このような点に当てはまる学歴であれば高学歴だとみなされており、その人数も極めて少ないと考えられます。

特徴②|収入が多い

2つ目の特徴は、収入が多いことです。

平均年収

男性

女性

20代

369万円

319万円

30代

481万円

375万円

40代

567万円

401万円

50代以上

671万円

428万円

以上は、大手人材企業のパーソルが運営している、dodaに掲載された年齢別の平均年収まとめ表になります。

キャリアウーマンであれば、いずれの年代においても男性・女性の平均年収を上回っていると考えられます。

特徴③|能力が高い

3つ目の特徴は、能力が高いことです。能力とは、大きく分けると2つに分類できます。

  • 知識が抱負である
  • 地頭が良く思考力が優れている

キャリアウーマンは、この内の前者に該当するだけでなく、後者もカバーしていると言えます。

  • 仕事の効率が良く対応が早い
  • 機転が利くので配慮ができる
  • 仮説を立てるので行動が柔軟的

仕事では、現状を適切に捉えて仮説を構築し、達成すべき目標だけでなく変わりゆく状況にも対処できる能力が求められます。

特徴④|さらなる向上に余念がない

キャリアウーマンは自己研鑽に余念がありません。

上昇志向が高いことはキャリアウーマンの必要条件です。スキルの向上、発展的な学習を継続的に行える人こそキャリアウーマンになり、なってもなお自己研鑽に励む人が多いのが特徴です。

キャリアウーマンの特徴【プライベート編】

以下では、プライベート編としてキャリアウーマンの特徴を3つご紹介します。

一般的には、キャリアウーマンは恋愛や結婚が苦手というネガティヴなイメージがあります。

しかしここでは、能力と同じようにキャリアウーマンのプライベートでポジティブな特徴に焦点絞ってご紹介します。

特徴①|自己研鑽に励んでいる

1つ目の特徴は、自己研鑽に励んでいることです。自己研鑽とは、能力や人間性を高めるための活動であり、趣味の代わりにもなります。

  • ジムやヨガに通い体調管理をしている
  • 外国語やITなどの研修積んでいる
  • 母校での公演など社会貢献をしている

例えば、これらは自己研鑽の中でも人気のある活動であり、取り組んでいるキャリアウーマンも多いと考えられます。

特徴②|人間関係が広い

2つ目の特徴は、人間関係が広いことです。人間関係とは、仕事やプライベートの相談ができる一定の良好な関係性を持つ人たちと定義できます。

  • 学生時代からの人間関係
  • 就職してから仕事に伴う人間関係
  • 趣味や課外活動を通しての人間関係

キャリアウーマンが人間関係を広げる切り口としては、以上のような点が考えられます。

仕事で忙しい中でも、将来の可能性を広げるためにより多くの人と関わり刺激を得る努力を続けているのです。

特徴③|行動的である

3つ目の特徴は、行動的であることです。キャリアウーマンは、日々の仕事に加えて様々な自己研鑽を積むので体力があると考えられます。

  • 週末を利用したウィンタースポーツ
  • 登山やスイミングなどのアクティビティ
  • 定期的な国内外への旅行

行動的な項目の例としてはこれらがありますが、経験の有無に関わらず何にでもチャレンジする姿勢を発揮します。

キャリアウーマンは、仕事だけでは視野と人間関係が狭くなると理解しており、計画を立てて取り組むことが得意だと言えます。

特徴④|贅沢に自己投資する

前述したアクティビティや交友関係のための出費をおしまないのがキャリアウーマンの特徴でもあります。

複数人数だけでなく、自分個人の休息や衣食住にも自己投資を惜しまずオフの時間帯を存分に味わう傾向にあります。

ハードワークをしている分、自分を大切にすることで力を蓄えまた仕事に勤しむことができるのです。

関連する記事

監修者プロフィール

三浦拓巳みうらたくみ

1997年群馬県生まれ。20卒として就職活動を行う。就活中はエントリーシート15社中全て通過。大手広告会社志望から一転、スタートアップに内定を承諾。内定後は人材育成会社にて、エントリーシート、面接などの選考対策に従事し、約70人の生徒を担当。自身の就職活動での学びを活かし、教育事業に注力している。