「ご回答ありがとうございます」の正しい使い方は?|例文や言い換え表現を徹底解説!

「ご回答ありがとうございます」という言葉は、就活においてもビジネスにおいても役立ちます。「早速のご回答」「詳しいご回答」などと言うこともでき、日常的に使うフレーズです。今回は、「ご回答ありがとうございます」の基本的な使い方について紹介します。理解していると思っても、もう一度正確な使い方を確認してみてください。

就活の言葉社会人

「ご回答ありがとうございます」とは

https://images.unsplash.com/photo-1513151233558-d860c5398176?ixlib=rb-1.2.1&q=80&fm=jpg&crop=entropy&cs=tinysrgb&w=1080&fit=max&ixid=eyJhcHBfaWQiOjg4MjYyfQ
https://images.unsplash.com/photo-1513151233558-d860c5398176?ixlib=rb-1.2.1&q=80&fm=jpg&crop=entropy&cs=tinysrgb&w=1080&fit=max&ixid=eyJhcHBfaWQiOjg4MjYyfQ

まずは、「ご回答ありがとうございます」の基本的な使い方を復習しましょう。

以下で「ご回答ありがとうございます」の意味と使う相手、使う場面について説明します。

「ご回答ありがとうございます」の意味

コトバンクによると「回答」の意味は以下の通りです。

質問・要求などに答えること。また、その答え。

「回答」と混同しやすい言葉に「解答」があります。「解答」は「問題を解いて答えを導き出す」という意味で、学問や試験に関して使われます。

就活やビジネス上で普段使うのは「回答」の方だと覚えておいてください。

「ご回答ありがとうございます」を使う相手

「ご回答ありがとうございます」は、質問に答えてくれたことへのお礼を述べる表現です。

そのため、質問に答えてくれた相手に対して使います。上司、先輩、取引先、問い合わせ先など、誰に対して使っても問題ありません。

「ご回答ありがとうございます」を使う場面

「ご回答ありがとうございます」は質問に答えてもらった時に使います。具体的なシーンとして以下が挙げられます。

  • 取引先に納期やコストを聞いて答えてもらった時
  • 資料作成時に疑問を持ち、先輩が疑問を解決してくれた時
  • セミナーで講演者に質問し、答えてもらった時

メールなどの文面で使うのが一般的です。対面で「ご回答ありがとうございます」と言っても問題ありませんが、少し堅い感じがします。

会話のテンポが少し遅れる感じがすることもあるので、対面ではセミナーなど質問者との距離がある時にのみ使うことをおすすめします。

「ご回答ありがとうございます」をより丁寧に伝えるには

https://images.unsplash.com/photo-1549032305-e816fabf0dd2?ixlib=rb-1.2.1&q=80&fm=jpg&crop=entropy&cs=tinysrgb&w=1080&fit=max&ixid=eyJhcHBfaWQiOjg4MjYyfQ
https://images.unsplash.com/photo-1549032305-e816fabf0dd2?ixlib=rb-1.2.1&q=80&fm=jpg&crop=entropy&cs=tinysrgb&w=1080&fit=max&ixid=eyJhcHBfaWQiOjg4MjYyfQ

「ご回答ありがとうございます」は敬語表現ですが、さらに丁寧に表現することもできます。

以下では2つの表現を紹介するので、場面や相手に応じて使い分けるようにしてください。

「ご回答いただきありがとうございます」

「ご回答いただきありがとうございます」と言うことで、さらに丁寧さがまします。「いただく」は「〜してもらう」という意味の謙譲語で、「回答」という動作をした人に対しての尊敬を示しています。

この表現も、目上の人になら誰にでも使うことができますが、比較的距離感の近い人にとっては堅く聞こえるかもしれません。

社内であれば役員、社外の人には適切ですが、年の近い先輩に使うと少し丁寧すぎると思われる可能性もあります。

「ご回答くださいましてありがとうございます」

「ご回答くださいましてありがとうございます」と言うこともできます。「くださる」は「くれる」の尊敬語です。

「〜してもらう」の謙譲語の「いただく」と、「〜してくれる」の尊敬語の「くださる」はニュアンスは違うものの意味していることはほぼ同義だと言えます。

目上の人が目下に対して何かを渡す時には「くださる」がふさわしいため、とても尊敬する相手から回答をもらう場合は「ご回答くださいましてありがとうございます」を使うようにしてください。

「ご回答ありがとうございます」にニュアンスを付け加える場合

https://images.unsplash.com/photo-1584890280660-9322ee35baf1?ixlib=rb-1.2.1&q=80&fm=jpg&crop=entropy&cs=tinysrgb&w=1080&fit=max&ixid=eyJhcHBfaWQiOjg4MjYyfQ
https://images.unsplash.com/photo-1584890280660-9322ee35baf1?ixlib=rb-1.2.1&q=80&fm=jpg&crop=entropy&cs=tinysrgb&w=1080&fit=max&ixid=eyJhcHBfaWQiOjg4MjYyfQ

「ご回答ありがとうございます」はニュアンスを加えて、回答への感謝を伝えることもできます。

  • 「早く回答してくれてありがたい」
  • 「丁寧に回答してくれてありがたい」
  • 「忙しい中回答してくれてありがたい」

それぞれのニュアンスを付け加えたい時の例文を以下で紹介します。

「早く回答してくれてありがたい」と伝える場合

「早く回答してくれてありがたい」と伝えたい場合には、以下のように表現することができます。

  • 早速のご回答ありがとうございます。
  • 早々にご回答いただきありがとうございます。

例えば納期や価格の問い合わせに相手が迅速に対応してくれた場合には、「早速の」「早々に」と付け加えるようにしましょう。

「丁寧に回答してくれてありがたい」と伝える場合

「丁寧に回答してくれてありがたい」と伝えたい場合には、以下のように表現することができます。

  • 丁寧なご回答ありがとうございます。
  • 詳しくご回答いただきありがとうございます。

相手が親切に回答してくれた場合は、「丁寧なご回答」「詳しいご回答」などのニュアンスを付け加えることをおすすめします。

「忙しい中回答してくれてありがたい」と伝える場合

「忙しい中回答してくれてありがたい」と伝えたい場合には、以下のように表現することができます。

  • お忙しい中ご回答くださいましてありがとうございます。
  • ご多忙の中ご回答いただきありがとうございます。

相手が忙しい人である場合、時間を割いて回答してくれたことに感謝を示すようにしてみてください。

関連する記事

監修者プロフィール

三浦拓巳みうらたくみ

1997年群馬県生まれ。20卒として就職活動を行う。就活中はエントリーシート15社中全て通過。大手広告会社志望から一転、スタートアップに内定を承諾。内定後は人材育成会社にて、エントリーシート、面接などの選考対策に従事し、約70人の生徒を担当。自身の就職活動での学びを活かし、教育事業に注力している。