「ご無理なさらず」の正しい使い方は?|意味や言い換え表現を徹底解説!

「ご無理なさらず」を使用することは多いです。頻繁に使用できる言葉ですが、どんなシーンで使用でき、どう使用すれば良いか述べられる人は少ないです。体調を気遣い、相手を労う言葉になります。どんな使い方をすれば、ビジネスで有効なのか。「無理をなさらず」の英語表現も含め、本記事をご参考にされてください。

就活の言葉社会人

「ご無理なさらず」とは

https://images.unsplash.com/photo-1541544741938-0af808871cc0?ixlib=rb-1.2.1&q=80&fm=jpg&crop=entropy&cs=tinysrgb&w=1080&fit=max&ixid=eyJhcHBfaWQiOjgwODQxfQ
https://images.unsplash.com/photo-1541544741938-0af808871cc0?ixlib=rb-1.2.1&q=80&fm=jpg&crop=entropy&cs=tinysrgb&w=1080&fit=max&ixid=eyJhcHBfaWQiOjgwODQxfQ

ビジネスでは相手を気遣う言葉をかけるときがあります。病気や怪我、家族の不調など意図しない出来事は多いです。相手を気遣い、丁寧な言葉を使用する場合もあるでしょう。

「ご無理なさらず」は、仕事で使用する気遣い言葉として最も頻繁に使用するものです。意味や使う相手、使用方法などを確認しておきましょう。

「ご無理なさらず」の意味

「ご無理なさらず」は「無理をしない」の敬語表現です。体調が悪いときなど、無理をして頑張る場合があります。他人が努力している際に、無理をしないで休んでほしい場合などに使用します。

「無理」とは、道理に反することです。道理とは筋道のことですが、「無理をする」は休むべきところで休まないという意味合いで使うことが多いでしょう。

「無理をする」の否定が「無理をしない」となり、敬語表現を加えることで「無理をなさらず」になります。休むべきところでは、休んでくださいという意味なのです。

「ご無理なさらず」を使う相手

「ご無理なさらず」は、どんな相手に使用する言葉でしょうか。多くの場合、目上の人に対して使用します。しかし、社会人では日常で敬語を使うのは当然です。

目上の人だけでなく、同僚や目下の人に使用してもおかしいものではありません。目下の人には、敬語を使う場合が少ないため目上の人に使う頻度が高くなるということです。

ビジネスで使用する場合、相手を気遣うタイミングが重要です。必要なタイミングであれば、相手の立場を気にせず気遣いをしてあげましょう。上司も無理をしている場合があるのです。

「ご無理なさらず」を使うシーン

「ご無理なさらず」は、社交辞令でも使用する言葉です。実際に頑張っている人に対して使用するだけでなく、夏の暑い日などに使用する場合もあります。

体調を崩している相手だけでなく、健康を維持できるよう体を気遣う意味で言葉がけを行うのです。一般的に、日常の会話でも使用されますが、ビジネスメールを作成する場合に頻繁に使用します。

ビジネスメールでの使用方法は、以下の記事に例文付きで解説してくれています。参考にされると良いでしょう。

参考: 「ご無理なさらず」意味と使い方・ビジネスメール例文

「ご無理なさらず」の後につける言葉

https://images.unsplash.com/photo-1548199973-03cce0bbc87b?ixlib=rb-1.2.1&q=80&fm=jpg&crop=entropy&cs=tinysrgb&w=1080&fit=max&ixid=eyJhcHBfaWQiOjgwODQxfQ
https://images.unsplash.com/photo-1548199973-03cce0bbc87b?ixlib=rb-1.2.1&q=80&fm=jpg&crop=entropy&cs=tinysrgb&w=1080&fit=max&ixid=eyJhcHBfaWQiOjgwODQxfQ

「ご無理なさらず」は、その言葉のみで使用することは少ない言葉です。相手を労わる言葉が後に続きます。一般的な使用方法として、以下の2種類を覚えておきましょう。

ビジネスでは、常に相手を労う行動が成果へ繋がります。言葉を変えると、自らの行動を変化させることができるのです。あなたの成長のため、ご参考にされてください。

「お大事に」

相手の体調が悪い場合など、健康に気遣う意味で「お大事に」を付け加える場合があります。「ご無理をなさらず、お大事にどうぞ」と使用すると「病気が治ってから」というニュアンスで伝わります。

仮に健康体の人に使用する場合は、相手の身内の人などを気遣う表現として使いましょう。例えば、子供が小さい場合などです。育児が大変である場合などを考慮し、お子様をお大事にされてくださいと述べます。

その場合、以下の表現となります。

「お子様の育児もご苦労が絶えないでしょう。ご無理をなさらず、お大事になさってください」

「ご自愛」

「ご自愛ください」も後に続く言葉です。自愛とは、自分を大切にする意味で、相手に対して自分を大切にしてくださいと述べる場合に使用します。

暑さが激しい夏など、営業マンは炎天下を歩き回っています。自社へ訪問された人に対し、暑い中ですので体に気を付けてくださいと述べる場合などに「ご自愛ください」と述べます。

ビジネスでは、怠けている人は1人もいません。頑張っている人ばかりが活動しています。そのため、言葉では労うことを忘れてはいけないのです。相手のことを大切にするのが、仕事の基本です。

関連する記事

監修者プロフィール

三浦拓巳みうらたくみ

1997年群馬県生まれ。20卒として就職活動を行う。就活中はエントリーシート15社中全て通過。大手広告会社志望から一転、スタートアップに内定を承諾。内定後は人材育成会社にて、エントリーシート、面接などの選考対策に従事し、約70人の生徒を担当。自身の就職活動での学びを活かし、教育事業に注力している。