「お手数をおかけして申し訳ございません」は正しい表現か?|就活や仕事でつかえるメール例文も徹底解説!

「お手数をおかけして申し訳ございません」を正しく使えているか気になりませんか。本記事では「お手数をおかけして申し訳ございません」の正しい使い方を解説しています。「ご迷惑をおかけして」などの言い換え表現や英語表現もご紹介しているので、「お手数をおかけして申し訳ございません」の使い方をマスターしましょう。

就活の言葉社会人

「お手数をおかけして申し訳ございません」とは

https://images.unsplash.com/photo-1453748866136-b1dd97284f49?ixlib=rb-1.2.1&q=80&fm=jpg&crop=entropy&cs=tinysrgb&w=1080&fit=max&ixid=eyJhcHBfaWQiOjgwODQxfQ
https://images.unsplash.com/photo-1453748866136-b1dd97284f49?ixlib=rb-1.2.1&q=80&fm=jpg&crop=entropy&cs=tinysrgb&w=1080&fit=max&ixid=eyJhcHBfaWQiOjgwODQxfQ

「お手数をおかけして申し訳ございません」は正しい敬語表現です。ここでは「お手数をおかけして申し訳ございません」の意味や使い方を解説します。

「お手数をおかけして申し訳ございません」の意味

「お手数をおかけして申し訳ございません」は、相手が自分のために手数をかけてくれた場合に使う言葉です。

ちなみに「手数」の意味は、コトバンクでは以下のように説明されています。

① それに施すべき手段・手法・技(わざ)などの数。手続きの数。また、それらが多くて煩雑なこと。手間のかかること。てすう。 ② その物事のために、また、他人のために特に力を尽くすこと。てすう。 ③ 手出しをする回数。ボクシングなどでいう。 ④ 囲碁・将棋で、ある石や駒を打ち上げるまでに要する手の数。

「お手数をおかけして申し訳ございません」では、「手数」が2番の意味で用いられています。

つまり「お手数をかけして申し訳ございません」は、相手が自分のために特に力を尽くしてくれたことに対して、謝意を示す言葉なのです。

「お手数をおかけして申し訳ございません」を使う相手

「申し訳ございません」はかなり丁寧な言い方なので、目上の方など尊敬するべき立場の人に使うと良いです。

自分と対等な立場の人や、目下の人に使うと丁寧すぎる印象になってしまいます。

たとえば以下のような相手に使うと良いでしょう。

  • 会社の上司
  • 取引先の担当者
  • 先生・教授
  • OB・OG

使う相手を理解して、適切な人に対して「お手数をおかけして申し訳ございません」と言いましょう。

「お手数をおかけして申し訳ございません」を使う場面

ここでは「お手数をおかけして申し訳ございません」を使う場面を解説します。

「お手数をおかけして申し訳ございません」は、主に以下の3つの場面で使用されます。会話だけでなくメールでも使える表現なので、ぜひ活用してください。

場面①|相手に面倒をかけてしまってお詫びがしたい時

まずは相手に面倒をかけてしまって、謝罪がしたい時です。

たとえば取引先の会社に忘れ物をしてしまって、取引先の担当者が忘れ物を持って追いかけて来てくれたとします。

こんな時は「お手数をおかけして申し訳ございません。わざわざ持ってきていただいてありがとうございます。」と謝罪と共に感謝を伝えると良いでしょう。

このように、自分の過失で相手に多少の面倒をかけてしまった時には「お手数をおかけして申し訳ございません」を使うのが適切です。

場面②|相手に何かしてもらってお礼を言いたい時

次は相手に何かしてもらって、お礼が言いたい時です。

たとえば教授に卒業論文の相談をしている時、教授があなたのために「役に立つ本を貸してあげよう」と言ってくれたとします。

こんな時は「お手数をおかけして申し訳ありません。ありがとうございます。」と謝罪と感謝を伝えます。

場面1のように自分の過失で相手に面倒をかけたわけではなくても、自分のために相手が何かしてくれて感謝を伝えたい時は「お手数をおかけして申し訳ございません」と言いましょう。

場面③|相手に何かお願いをしたい時

最後は相手に何かお願いをしたい時の、クッション言葉として用いる場合です。

たとえば社内メールで上司に懇親会の出欠の返答をもらいたいとします。

こんな時は「お手数をおかけして申し訳ございませんが、◯日までに出欠のご返答をいただければ幸いです。」とお願いしましょう。

このように相手に何かお願いをする時は、「お手数をおかけして申し訳ございませんが」を前につけることで、相手への気遣いを表すことができます。

相手に対する配慮を示して、さらに好印象な文章を作成しましょう。

関連する記事

監修者プロフィール

三浦拓巳みうらたくみ

1997年群馬県生まれ。20卒として就職活動を行う。就活中はエントリーシート15社中全て通過。大手広告会社志望から一転、スタートアップに内定を承諾。内定後は人材育成会社にて、エントリーシート、面接などの選考対策に従事し、約70人の生徒を担当。自身の就職活動での学びを活かし、教育事業に注力している。