宛名に「採用担当者様」と書くのはあり?|注意点やビズネスマナーについて徹底解説!

就職活動に際して、企業の採用担当者と直接メールや手紙のやり取りをする機会も増えてくるかと思いますが、そこで気になるのが宛名。担当者名が分かっていれば良いのですが、そうでない場合、宛名に「採用担当者様」と書くのはありなのでしょうか。今回は宛名がはっきり分からない場合の対処法について解説していきます。

提出書類

宛名に「採用担当者様」と書くのは正しいのか

https://images.unsplash.com/photo-1518644730709-0835105d9daa?ixlib=rb-1.2.1&q=80&fm=jpg&crop=entropy&cs=tinysrgb&w=1080&fit=max&ixid=eyJhcHBfaWQiOjg4MjYzfQ
https://images.unsplash.com/photo-1518644730709-0835105d9daa?ixlib=rb-1.2.1&q=80&fm=jpg&crop=entropy&cs=tinysrgb&w=1080&fit=max&ixid=eyJhcHBfaWQiOjg4MjYzfQ

結論から申し上げますと、メールや郵便物を送付する相手の名前や役職が分からない場合、宛名に「採用担当者様」と書くことに問題はありません。

また、この「担当者様」という宛名は、就職活動のみならず、実際に入社をしたあとも使用することができる表現です。

例えば、とある商品について、メールなどで別の企業に問い合わせる際にも、宛先として「担当者様」を使用することができます。

このように、「○○担当者」という宛名は様々な場面で用いることができる言葉ですが、使い方を間違えると、受け取った相手に悪い印象を与えてしまう可能性もあります。

今回は就職活動中の皆さんにとって最も使用頻度が高い「採用担当者」を例に取り、次項から具体的な使用方法についてご紹介していきますので、参考にしてみてください。

状況別の宛名の書き方

https://images.unsplash.com/photo-1516321165247-4aa89a48be28?ixlib=rb-1.2.1&q=80&fm=jpg&crop=entropy&cs=tinysrgb&w=1080&fit=max&ixid=eyJhcHBfaWQiOjg4MjYzfQ
https://images.unsplash.com/photo-1516321165247-4aa89a48be28?ixlib=rb-1.2.1&q=80&fm=jpg&crop=entropy&cs=tinysrgb&w=1080&fit=max&ixid=eyJhcHBfaWQiOjg4MjYzfQ

続いては状況別の宛名の書き方について解説していきます。

個人に送る場合と部署に送る場合の2つに分けてご紹介していきますので、ご自身の状況に合わせて活用してみてください。

個人に送る場合

採用担当者個人に送りたいが、その方の名前が分からない場合は、宛先を「採用担当者」とすることができます。

その際は「株式会社△△ 人事部 採用担当者様」のように、後ろに「様」を付けて書きましょう。

「様」は人名に対して付ける敬称ですが、「採用担当者」のように具体的な個人名ではない場合でも用いることができます。

ただし、詳しくは後述しますが、個人名が分かっている場合は、「採用担当者」という表現は使わず、「□□株式会社 人事部 山本様」のように、そのまま個人名を書くのが良いでしょう。

担当者が2人いる場合もまとめず、「株式会社△△ 人事部 山本様、高橋様」のように書いた方が好印象です。

部署に送る場合

企業によっては履歴書やエントリーシートの送付先および採用に関する問い合わせ先として部署が指定されている場合があります。

そのようなときは、採用担当者ではなく、部署を宛先にして送ることができます。

部署を宛先にするときは、部署名のあとに「御中」という敬称を付けて送りましょう。

御中を使用して宛先を書いた場合、例えば以下のようになります。

  • 「株式会社□□ 人事部 御中」
  • 「株式会社△△ 総務部 人事課 御中」

この「御中」という敬称は、「様」や「殿」のように、直前の宛名に敬意を表したいときに使う言葉です。

「御中」は部署名以外にも、会社名、学校名、官公庁名といった団体や組織に郵便物やメールを送る際に使用することができます。

宛名に「採用担当者」と書く場合の注意点

https://images.unsplash.com/photo-1578986568309-707ef1017f69?ixlib=rb-1.2.1&q=80&fm=jpg&crop=entropy&cs=tinysrgb&w=1080&fit=max&ixid=eyJhcHBfaWQiOjg4MjYzfQ
https://images.unsplash.com/photo-1578986568309-707ef1017f69?ixlib=rb-1.2.1&q=80&fm=jpg&crop=entropy&cs=tinysrgb&w=1080&fit=max&ixid=eyJhcHBfaWQiOjg4MjYzfQ

続いては宛名に「採用担当者」を使う場合の注意点についてです。

「採用担当者」はメールや郵便物を送る際に、宛先が分からない場合に用いられる便利な表現ですが、使い方によってはマナー違反になってしまうこともあります。

企業によっては、メールや郵便物のマナーが守れているかどうかを採用試験の評価に含めているところもありますので、送付の際は以下の点に気を付けて、正しい使い方をするようにしましょう。

注意点①|個人名が分かっている場合は使用しない

「採用担当者」という宛先を使用するタイミングは、採用担当者の個人名が分からないときです。

採用担当者の名前が分かっている場合に、宛名に「採用担当者」と書くのは避けましょう。

求人やメールに採用担当者の名前が記載されているにもかかわらず、「採用担当者」という宛名を使ってしまうと、相手に求人やメールをしっかり読んでいないと判断される可能性があります。

また、間違いなく相手に届けるためにも、個人名を書くことは大切です。

ただし、名前が分かっていても、漢字が分からない場合は「採用担当者」でも許容される場合があります。例えば、担当者が「ナカジマ」という名前であっても、漢字が「中島」なのか「中嶋」なのか分からないときなどがそれに当たります。

相手の名前を間違えるというのは失礼になりますので、当てずっぽうで書いて間違えてしまうよりは「採用担当者」と書いた方が良いでしょう。

注意点②|「御中」と一緒に使用しない

履歴書やメールの送付先として「人事部」など部署が指定されている場合、部署名のあとに「御中」という敬称を付ける必要があるというのは前述の通りです。

しかし、その場合、「採用担当者様」という宛先を一緒に使用することはできません。

「御中」と「様」はどちらも敬称です。1つの宛先に使用できる敬称は1つと決まっているので、例えば「○○株式会社 人事部御中 採用御担当者様」のように用いいるのは誤用ということになります。

このような誤用をしている方は意外と少なくないので、皆さんも注意するようにしてください。

関連する記事

監修者プロフィール

三浦拓巳みうらたくみ

1997年群馬県生まれ。20卒として就職活動を行う。就活中はエントリーシート15社中全て通過。大手広告会社志望から一転、スタートアップに内定を承諾。内定後は人材育成会社にて、エントリーシート、面接などの選考対策に従事し、約70人の生徒を担当。自身の就職活動での学びを活かし、教育事業に注力している。