OpenESは何を使えばいいのか?|写真のポイントや疑問点について徹底解説

就活を始めてから出会う言葉がたくさんありますが、「OpenES」もその一つです。OpenESを活用することで、書類選考の通過率をあげた就活生も少なくありません。OpenESは記述も大切ですが、写真も大事なポイントです。そこで今回はOpenESとは何か、写真のポイントを解説します。

提出書類

OpenESには写真が必要

https://images.unsplash.com/photo-1565665532830-0dfd1facb1a9?ixlib=rb-1.2.1&q=80&fm=jpg&crop=entropy&cs=tinysrgb&w=1080&fit=max&ixid=eyJhcHBfaWQiOjgwODQxfQ
https://images.unsplash.com/photo-1565665532830-0dfd1facb1a9?ixlib=rb-1.2.1&q=80&fm=jpg&crop=entropy&cs=tinysrgb&w=1080&fit=max&ixid=eyJhcHBfaWQiOjgwODQxfQ

OpenESと聞いても、就活未経験者は即答できないことでしょう。しかし、就活生に写真の重要性を語る前に、OpenESについて理解を深めることが必要です。

ここでは、OpenESとは何かについて説明します。

OpenESとは

OpenESとは、就活メディアの草分けであるリクルートが開発・提供しているエントリーシートのことです。書くべき項目を用意したエントリーシートがウェブ上にあり、必要事項を記入して保存できます。

すべての企業がOpenESを採用しているわけではありませんが、ここ数年は増加傾向にあるようです。また、就活生にとっても間違うと書き直しになる紙のエントリーシートより、利便性が高いです。

OpenESを使うメリット

紙のエントリーシートではなく、OpenESを使うメリットとして、以下のものがあげられます。

  • 何度でも書き直しができる
  • 共通項目は再記入しなくてよい
  • データとして保存しておける
  • 何度でも使いまわしができる
  • 印刷不要なのでコストがかからない
  • 企業の採用サイトの専用ページから提出できる

OpenESは必要項目が網羅されているので、企業側が就活生に聞きたい情報を確実に読みとれるというメリットもあるようです。

すべての企業に使えるわけではなく、OpenES可などと書いてある企業に使えるものとなっています。

また、それぞれの使いまわしが可能ですので、OpenESを適当に作ってしまうとすべての企業に対してどのような印象を与えてしまうので、OpenESを利用する際には中が必要です。

OpenESの写真のポイント

https://images.unsplash.com/photo-1510557880182-3d4d3cba35a5?ixlib=rb-1.2.1&q=80&fm=jpg&crop=entropy&cs=tinysrgb&w=1080&fit=max&ixid=eyJhcHBfaWQiOjg4Njk5fQ
https://images.unsplash.com/photo-1510557880182-3d4d3cba35a5?ixlib=rb-1.2.1&q=80&fm=jpg&crop=entropy&cs=tinysrgb&w=1080&fit=max&ixid=eyJhcHBfaWQiOjg4Njk5fQ

OpenESには、写真データを貼りこむスペースがあります。そして、OpenESに貼られた写真はある意味、書いた内容より本人を伝えるツールになる可能性が高いです。

ここでは、OpenESに貼る写真のポイントについて説明します。

ポイント①|自分らしさを伝える

OpenESに貼付する写真は、履歴書のようなリクルートスーツでなくても問題ありません。そのため、写真の選び方によって、自分らしさを伝えることができます。

自己PRに「コミュニケーション力には自信があります」という一文を入れた場合、老若男女が揃うイベントでの集合写真などを貼付すると、「友人関係だけじゃない、関わり方ができる人」という印象を、採用担当者に与えられます。

写真の選び方によって、自分の長所を補完できるのですから、それを伝えるためにどんな写真が適しているのかを考えてみましょう。

ポイント②|説明文を活用する

OpenESの写真には、40文字の説明文を添えられます。この説明文も、自己PRにつなげることが可能です。

前章同様に老若男女が揃うイベントでの集合写真などを貼付した場合、「子供には熱烈な支持を受け、最近は近所の公園で会うたびにサッカーに興じています!」などと説明文を添えるのです。

写真と説明文の相乗効果で、あなたを魅力的に見せてくれるはずです。

その他のポイント

上記の2つ以外にも、OpenESで気をつけてほしいポイントがあります。それは、以下の通りです。

  • 日常的な自分の姿を見せる
  • 周囲とは違う自分らしさを探す
  • インパクトを大切にする

他の人と同じような写真を貼付しても、採用担当者の印象に残ることはありません。また、印象的な写真であればあるほど、面接で生きます。その点を考慮して、写真を撮影・選定しましょう。

印象に残る OpenESの写真3選

https://images.unsplash.com/photo-1507679799987-c73779587ccf?ixlib=rb-1.2.1&q=80&fm=jpg&crop=entropy&cs=tinysrgb&w=1080&fit=max&ixid=eyJhcHBfaWQiOjg4MjY2fQ
https://images.unsplash.com/photo-1507679799987-c73779587ccf?ixlib=rb-1.2.1&q=80&fm=jpg&crop=entropy&cs=tinysrgb&w=1080&fit=max&ixid=eyJhcHBfaWQiOjg4MjY2fQ

OpenESに貼付するからには、目を通した採用担当者にインパクトを与えたいものです。そのためには、写真の撮影方法や選び方にもコツが必要です。

ここでは印象に残るOpenESの写真を3つ、紹介します。

①違和感のある写真にする

1つめは、違和感のある写真を貼付することです。趣味がヨガであればそのポーズをする、森の中で読書する様子など、採用担当者が見て「この写真にどんな意味があるのか」と思わずにいられない写真を貼付するのです。

採用担当者が思わずツッコミたくなる写真が印象に残れば、面接時に「OpenESの写真にはどんな意味があったの?」と質問してくれて、アイスブレイクになることもあります。

見栄えのキレイさより、「この就活生は面白い!」と思ってもらえるかどうかを、基準にしてもよいかもしれません。

②私服で笑顔の写真にする

2つめは、私服で笑顔の写真を貼付することです。履歴書に貼るのは、スーツを着てでほほ笑みをたたえている写真がセオリーでしょう。また、面接でもスーツを着用し、緊張のあまり笑顔がぎこちなくなる就活生は少なくありません。

だからこそ、友人と一緒に寛いでいる笑顔の写真を貼付しましょう。私服を見ればその人のパーソナリティーを想像しやすくなりますし、自然な笑顔にこそ魅力を感じてもらえるはずです。

③珍しい経験をしている写真にする

3つめは、他の学生が行っていないような珍しい経験をしている写真を貼付することです。具体例は以下の通りです。

  • 海外留学先での写真
  • 特別な意味をもつボランティア体験の写真
  • スポーツ大会で活躍中の写真
  • ライブでの演奏中の写真
  • スピーチコンテストの壇上の写真

こうした内容は趣味や特技、自己PRに含まれているのが一般的なので、面接時に採用担当者が質問しやすくなるというメリットもあります。

関連する記事

監修者プロフィール

三浦拓巳みうらたくみ

1997年群馬県生まれ。20卒として就職活動を行う。就活中はエントリーシート15社中全て通過。大手広告会社志望から一転、スタートアップに内定を承諾。内定後は人材育成会社にて、エントリーシート、面接などの選考対策に従事し、約70人の生徒を担当。自身の就職活動での学びを活かし、教育事業に注力している。