【例文付き】インターンシップのお礼状は出すべき!書き方のポイントや注意点を紹介します。

インターンシップに参加した後、お礼状に悩まされる人は多いのではないでしょうか。インターンシップのお礼状は必要か、何を書くのか、どんな書き方をするのか、マナーはあるのかなど考え始めると書く気が失せます。今回はインターンのお礼状について解説します。疑問を解決して、相手の気持ちに届くお礼状を書きましょう。

インターン就活の悩み

結論|インターンのお礼状は出すべき

https://images.unsplash.com/photo-1505744386214-51dba16a26fc?ixlib=rb-1.2.1&q=80&fm=jpg&crop=entropy&cs=tinysrgb&w=1080&fit=max&ixid=eyJhcHBfaWQiOjg4MjYzfQ
https://images.unsplash.com/photo-1505744386214-51dba16a26fc?ixlib=rb-1.2.1&q=80&fm=jpg&crop=entropy&cs=tinysrgb&w=1080&fit=max&ixid=eyJhcHBfaWQiOjg4MjYzfQ

まず結論として「インターンのお礼状は出すべき」です。

以下では、お礼状を出すべき2つの理由について解説します。

理由①|企業に感謝の気持ちを表明できる

お礼状を出せば、企業へインターンに参加させてもらった感謝の気持ちを伝えられます。

「感謝の気持ちを伝える」と言うと、中には「伝えなくても良いのでは」と考える人もいるかもしれません。しかし自分が企業側の人間だったとしたらどうでしょうか。

自分が仕事の一環として行ったインターンシップであっても「お礼を言ってもらえた場合」と「言ってもらえなかった場合」では、満足度が違うはずです。

たとえその企業へ就職しなかったとしても、自分が関わった人にお礼の気持ちを伝える、相手の満足を考える、ということができる人間になって損はありません

理由②|企業によってはお礼状の有無が選考に関わる場合もある

お礼状が選考にかかわる場合もあります。

これは①でお伝えした「自分がかかわった人にお礼の気持ちを伝える、相手の満足を考える、ということができる人間か」という点を見られているということです。

「取引先やお客様を思いやる気持ち」「相手の満足を考える思考」を求めない職業はありません。しかし、これらの要素を入社後の社員に植え付けるには手間も時間もかかります。

そこで企業が考えるのは「もともと思いやりを持った人、相手の満足を考える人」を採るという方法です。そう考えると、インターンのお礼状の有無が選考にかかわるのも頷けます。

インターンシップでお礼状を出すメリット

https://images.unsplash.com/photo-1519389950473-47ba0277781c?ixlib=rb-1.2.1&q=80&fm=jpg&crop=entropy&cs=tinysrgb&w=1080&fit=max&ixid=eyJhcHBfaWQiOjg4MjYyfQ
https://images.unsplash.com/photo-1519389950473-47ba0277781c?ixlib=rb-1.2.1&q=80&fm=jpg&crop=entropy&cs=tinysrgb&w=1080&fit=max&ixid=eyJhcHBfaWQiOjg4MjYyfQ

インターンシップのお礼状を出す理由については先に解説しました。次は「インターンシップのお礼状を出すメリット4つ」について解説します。

メリット①|1dayのインターンでもお礼状を出すことで印象が良くなる

まずは「印象が良くなる」ということです。長期インターンはもちろん、1dayインターンでもお礼状を出すことで印象が良くなります。

むしろ、1dayインターンでもお礼状を出す方がメリットは大きくなるのです。

長期インターンでお礼状が来るのは先方も予測しています。これは当然裏切れません。しかし、1dayインターンだとお礼状が来る確率は低いと考えている企業は多いようです。

つまり「1dayインターンなのにお礼状が来た」は、お礼状が来たことだけでなく「1dayなのに」と、評価が一つ上乗せされるということです。もちろん、その学生への印象は良くなります。

メリット②|自分をアピールできる

次に「自分をアピールできる」ということです。長期でも1dayでも、お礼状を出すことで自分をアピールできます。

「インターンで思うようなアピールができなかった」「1dayインターンで周りに埋もれてしまった」という場合でも、お礼状でアピールを挽回できる場合があります。

丁寧なお礼状を書けば「こんな素敵な人がいたのか」と注目してもらえるきっかけになります。もしかしたらインターンで活躍していた人がお礼状を書いておらず、差をつけられるかもしれません。

就活は先方に注目してもらうことが重要です。「この人のことをもっと知りたい」と思ってもらえるような、心のこもったお礼状は、自分のアピールにきっとつながります。

メリット③|人事とコミュニケーションをとる契機になる

少し違った角度から考えると、お礼状を出すことで「人事とコミュニケーションをとる契機になる」とも言えます。

インターンでは現場の社員とかかわることがほとんどです。直接選考にかかわる人事の人と多くのコミュニケーションをとるのは難しいでしょう。

しかし、インターンのお礼状は人事に宛てて書きます。そのため学生がもっともかかわっておきたい人事担当者とコミュニケーションを取れるのです。

人事と直接コミュニケーションを取れれば、雰囲気をつかみやすくなりますし、選考での緊張もやわらぎます

また、人事とコミュニケーションをとると、他の学生では得られないメリットを得られる可能性もあるのです。④で詳しく解説します。

メリット④|企業によっては選考情報を教えてくれる場合がある

人事と直接コミュニケーションをとると、企業によっては「選考情報を教えてくれる場合」があります。

もちろん、選考についての詳細な情報ではありませんが、知っておいて損はない情報なら教えてもらえるかもしれません。

就活は情報が多いほど有利になります。反対に、どんなに優秀な学生でも情報が足りていなければ採用に届かない場合もあるのです。

お礼状は情報収集のために出すものではありませんが、こういうおまけがついて来ることもある、と考えておいても良いでしょう。

関連する記事

監修者プロフィール

三浦拓巳みうらたくみ

1997年群馬県生まれ。20卒として就職活動を行う。就活中はエントリーシート15社中全て通過。大手広告会社志望から一転、スタートアップに内定を承諾。内定後は人材育成会社にて、エントリーシート、面接などの選考対策に従事し、約70人の生徒を担当。自身の就職活動での学びを活かし、教育事業に注力している。