【徹底解説】C-GABの問題例と対策|最後まで解けきれなくてもOK?

C-GABの難易度は非常に高く、選考の合格ラインに達せず涙を呑む就活生も少なくありません。テストの解答時間は短く、誤謬(ごびゅう)率の高さや時間が足りずに不合格になってしまうケースも。今回は、新卒採用向け適性検査「C-GAB」の対策方法やオススメ対策本を紹介していきます。

テスト

C-GABとは

https://images.unsplash.com/photo-1509228627152-72ae9ae6848d?ixlib=rb-1.2.1&q=80&fm=jpg&crop=entropy&cs=tinysrgb&w=1080&fit=max&ixid=eyJhcHBfaWQiOjg4MjYzfQ
https://images.unsplash.com/photo-1509228627152-72ae9ae6848d?ixlib=rb-1.2.1&q=80&fm=jpg&crop=entropy&cs=tinysrgb&w=1080&fit=max&ixid=eyJhcHBfaWQiOjg4MjYzfQ

「C-GAB(シーギャブ)」とは、能力テスト(計数・言語・英語)と性格テストを行う適性検査です。「GAB」というマークシート形式の適性検査が、専用のテストセンターでWebによって受験できるようになっています。

C-GABを実施する企業として、サントリーホールディングス、三井物産、チューリッヒ保険などが代表例です。就活の選考にC-GABを活用する企業も増加傾向にあるため、以下でより詳しく理解していきましょう。

GABの1つ

C-GABは、日本エス・エイチ・エル社が開発した適性検査「GAB」の最新型です。

GABはもともとペーパーテスト方式で、企業に就活生を集めて実施されていましたが、2012年に「WebGAB」が生まれ、就活生が自宅でPCを使って受験できるようになりました。

さらにGABは進化し、現在はC-GABが主流です。C-GABは、就活生をテストセンターに集め、Webで複数の適性検査を行います。それぞれの違いは以下をご覧ください。

名称

テスト内容

テスト会場

テスト形式

C-GAB

  • 言語
  • 計数
  • 英語
  • 性格検査

テストセンター

Web

WebGAB

  • 言語
  • 計数
  • 性格検査

自宅

Web

GAB

  • 言語
  • 計数
  • 性格検査

企業

マークシート

C-GABの検査内容

C-GABの検査内容は、次の4種類から成り立っています。

  • ①能力検査:言語(3種類)
  • ②能力検査:計数(3種類)
  • ③能力検査:英語(2種類)
  • ④性格検査

能力検査の場合、各科目につき1種類のみが出題されます。ただし、英語の能力検査に関しては、企業によって実施しないケースもあります。

以下の表で各科目の検査内容を詳しく記載しています。いずれも設問数に対する制限時間が短いため、計算スピードや読解スピードが求められます。

検査内容

設問数

制限時間

GAB形式問題(言語)

32問

15分

IMAGES形式問題(言語)

32問

10分

論旨把握(言語)

10問

12分

四則逆算(計数)

50問

9分

図表読み取り(計数)

①29問

②40問

※①と②いずれか

①15分

②35分

※①と②いずれか

表の類推(計数)

①20問

②35問

※①と②いずれか

①20分

②35分

※①と②いずれか

GAB形式問題(英語)

24問

10分

IMAGES形式問題(英語)

24問

10分

C-GABの検査目的

C-GABは、新卒総合職の採用を目的に開発された適性検査です。

能力検査では学生の知的能力を測り、性格検査でパーソナリティを詳細に確認します。また、それ以外にもコミュニケーション力や各職種に対する適正まで分かるため、選考におけるC-GABの重要性が高まっています。

もちろん企業ばかりではなく、就活生にとっても企業との適性が明確です。C-GABの選考に通過できないということは、その企業との相性が良くない証拠です。つまり、ミスマッチによる採用後の意欲低下を防げるメリットがあります。

C-GABと他のテストとの違い

https://images.unsplash.com/photo-1517971071642-34a2d3ecc9cd?ixlib=rb-1.2.1&q=80&fm=jpg&crop=entropy&cs=tinysrgb&w=1080&fit=max&ixid=eyJhcHBfaWQiOjg4MjYzfQ
https://images.unsplash.com/photo-1517971071642-34a2d3ecc9cd?ixlib=rb-1.2.1&q=80&fm=jpg&crop=entropy&cs=tinysrgb&w=1080&fit=max&ixid=eyJhcHBfaWQiOjg4MjYzfQ

就活生向けの適性検査には、C-GAB以外にも複数の種類が存在します。代表的なテストとして、「玉手箱」と「SPI」があり、聞いたことがある就活生の方も多いでしょう。

ここでは、C-GAB・玉手箱・SPI、それぞれの違いを解説していきます。

玉手箱:テスト会場が異なる

C-GABと玉手箱は、どちらも日本エス・エイチ・エル社によって開発されました。名称こそ違いはありますが、検査の目的やテスト内容に変わりはありません。

ただし、玉手箱は、主に就活生が自宅や企業にてWebテストを行います。一方のC-GABは、専用のテストセンターで、就活生が一堂に会してテストを受けます。このように、テスト会場が異なる点がC-GABと玉手箱の違いです。

自宅で受験できないC-GABは電卓が利用できません。よく覚えておきましょう。

SPI:能力テストの出題形式が違う

SPIは、就活生の適性検査として広く認知されており、今では数多くの企業が選考に導入しています。SPIを開発したのはリクルートキャリアです。

一方のC-GABは、日本エス・エイチ・エル社が開発しました。もちろん開発会社が異なるということは、その試験の出題形式に大きな違いが現れます。

C-GABとSPIの最大の違いは、能力テストです。能力テストの出題形式に違いがあることで、以下のように求められる資質も変わります。

適正検査名

能力テストの出題形式

求められる資質

C-GAB

同科目に同じ形式の問題が多数出題される

長文や図表を短時間で読み解き、効率的に回答する能力が求められる

SPI

同科目に異なる形式の問題がバランス良く出題される

出題レベルの幅が広いため、より知的能力の高さが求められる

各WEBテストはURLで見分けることができます。今回ご紹介したC-GABやSPI以外にも様々な種類のWEBテストがあります。しっかり対策して本番では見分けがつくように練習しましょう。

関連する記事

監修者プロフィール

三浦拓巳みうらたくみ

1997年群馬県生まれ。20卒として就職活動を行う。就活中はエントリーシート15社中全て通過。大手広告会社志望から一転、スタートアップに内定を承諾。内定後は人材育成会社にて、エントリーシート、面接などの選考対策に従事し、約70人の生徒を担当。自身の就職活動での学びを活かし、教育事業に注力している。