スーパーゼネコン勤務者との結婚はあり!?結婚後の注意点なども紹介!

結婚生活を考えるうえで、相手の年収は大切な要素です。しかし一緒に暮らしていくとなると、転勤の有無や働き方なども考慮しておかなければ、共働きや子育ての際に困ることも考えられます。そこで今回はスーパーゼネコン勤務者との結婚はありかなしか、結婚した後の注意点などについて解説します。

業界大手

スーパーゼネコンは建設業界の大手5社

https://images.unsplash.com/photo-1564641635825-b034db87abe9?ixlib=rb-1.2.1&q=80&fm=jpg&crop=entropy&cs=tinysrgb&w=1080&fit=max&ixid=eyJhcHBfaWQiOjg4MjYyfQ
https://images.unsplash.com/photo-1564641635825-b034db87abe9?ixlib=rb-1.2.1&q=80&fm=jpg&crop=entropy&cs=tinysrgb&w=1080&fit=max&ixid=eyJhcHBfaWQiOjg4MjYyfQ

ゼネコンとは、不動産を建設する際に企画・設計から工事まですべての工程を引き受ける建設業者を指します。そしてゼネコンの中でも規模が大きい建設業者を、「スーパーゼネコン」と呼ぶのです。

  • 大林組
  • 鹿島建設
  • 大成建設
  • 清水建設
  • 竹中工務店

上記した5社が、スーパーゼネコンです。各社の詳細データについては、以下の記事にわかりやすくまとめてあります。本社や事業規模、特色などを知りたい方はぜひご覧ください。

スーパーゼネコンの働き方は多様

https://images.unsplash.com/photo-1560283543-854926acac9c?ixlib=rb-1.2.1&q=80&fm=jpg&crop=entropy&cs=tinysrgb&w=1080&fit=max&ixid=eyJhcHBfaWQiOjg4MjYyfQ
https://images.unsplash.com/photo-1560283543-854926acac9c?ixlib=rb-1.2.1&q=80&fm=jpg&crop=entropy&cs=tinysrgb&w=1080&fit=max&ixid=eyJhcHBfaWQiOjg4MjYyfQ

スーパーゼネコンが請け負う仕事は、建築・土木の2種類に大別されます。

  • 建築:ビルやマンションが対象
  • 土木:橋や高架道路、ダム、トンネル、道路、宅地造成などが対象

また働き方は、本社・営業所勤務と施工管理で大きく異なります。

本社・営業所の仕事には、案件を取ってくる営業や資材調達、総務・人事・経理などがあります。一方、施工管理は現場を担当します。実務は下請け業者に任せるため、実際に建設作業をすることはありませんが、責任者として采配をふるいます。

結婚相手がスーパーゼネコンの中で配属されている部署や仕事内容について、きちんと聞いておくことをおすすめします。

以下の記事では施工管理の仕事を具体的に解説しているので、志望している方はぜひご覧ください。

スーパーゼネコン勤務者との結婚はアリか

https://images.unsplash.com/photo-1529634597503-139d3726fed5?ixlib=rb-1.2.1&q=80&fm=jpg&crop=entropy&cs=tinysrgb&w=1080&fit=max&ixid=eyJhcHBfaWQiOjg4MjYyfQ
https://images.unsplash.com/photo-1529634597503-139d3726fed5?ixlib=rb-1.2.1&q=80&fm=jpg&crop=entropy&cs=tinysrgb&w=1080&fit=max&ixid=eyJhcHBfaWQiOjg4MjYyfQ

スーパーゼネコンに勤務する社員の年収は、他の業界と比較しても高いといわれています。しかし、施工管理は拘束時間も長く、結婚について不安になる女性も多いはずです。

ここではスーパーゼネコン勤務者との結婚がありかなしかについて、経験者のコメントを引用しながら考えてみます。

総合職|多くの社員が結婚している

スーパーゼネコンに勤務する男性すべてが、施工管理の仕事に就いているわけではありません。官公庁や民間企業から建造物の受注をする営業をはじめ、設計や色調管理といった内勤職もあります。総合職の働き方は、施工管理と大きく異なります。

そのためスーパーゼネコンの総合職についている男性の多くが、結婚して家庭を持っています。スーパーゼネコンの社員との結婚に関するコメントを、以下に取り上げてみました。

スーパーゼネコンの総合職の場合は、あらゆる立場の人と接することになります。そのため多趣味でコミュニケーションスキルが高いことが、さりげなく伝わってきます。

スーパーゼネコンの男性は職場で女性と出会いにくく、仕事に集中するために結婚する傾向が強いようです。そのため、20代後半で学生時代からの恋人と結婚するケースも多いと考えられます。

施工管理|拘束時間の長さには理解が必要

スーパーゼネコンの中でも施工管理の仕事に就いている男性は、どうしても拘束時間が長くなりがちです。

建設現場ではどうしてもトラブルなどで進捗が遅れますが、それでも納期に間に合わせる必要があります。また、工程別に抱えている複数の下請け業者との交渉や調整にも時間を取られるからです。

以下では、施工管理に就く男性の結婚に関するコメントを紹介します。

スーパーゼネコンの中でも施工管理の仕事は、実務とデスクワークの両方があります。そのため現場で工事が終わっても、書類作成や図面描きに追われ、プライベートの時間が取りにくいようです。

スーパーゼネコンが受注する仕事は、官公庁や地方自治体のものが少なくありません。そのため、数年単位で転勤を余儀なくされるのが一般的といわれています。

関連する記事

監修者プロフィール

三浦拓巳みうらたくみ

1997年群馬県生まれ。20卒として就職活動を行う。就活中はエントリーシート15社中全て通過。大手広告会社志望から一転、スタートアップに内定を承諾。内定後は人材育成会社にて、エントリーシート、面接などの選考対策に従事し、約70人の生徒を担当。自身の就職活動での学びを活かし、教育事業に注力している。