OB訪問の服装は私服OK?「服装自由」の対応やオンライン、知り合いの場合の注意点

OB訪問をする上で服装に関する悩みは多岐に渡ります。「オンラインのOB訪問の服装は私服でいいのか」「知り合いの場合はカジュアルな服装で大丈夫?」など、細かいなケースに応じてマナーは変わってきます。この記事ではOB訪問の服装について、男性・女性別の服装のポイントや、夏のクールビズ期間中の服装など気になる部分をご紹介しております。

身だしなみ

結論|OB訪問は服装の指定が無ければスーツが無難

https://images.unsplash.com/photo-1426523038054-a260f3ef5bc9?ixlib=rb-1.2.1&q=80&fm=jpg&crop=entropy&cs=tinysrgb&w=1080&fit=max&ixid=eyJhcHBfaWQiOjg4MjY2fQ
https://images.unsplash.com/photo-1426523038054-a260f3ef5bc9?ixlib=rb-1.2.1&q=80&fm=jpg&crop=entropy&cs=tinysrgb&w=1080&fit=max&ixid=eyJhcHBfaWQiOjg4MjY2fQ

OB訪問をする場合はオフィスに伺う場合はもちろん、カフェやレストランで会う場合も服装はスーツを着て行きましょう

OB訪問も「就職活動の一環」です。志望企業のビジネスマンと会うにあたって服装を崩さずスーツで伺い、悪い印象を与えないようにするのは基本動作になります。

OB訪問で先方から服装の指定がなければ、私服ではなくスーツで行くのが無難です

スーツでOB訪問する場合の服装のポイント

ここではスーツでOB訪問をする際の服装のポイントをまとめました。OB訪問に限らず、就活全般で言えるポイントなので、説明会や面接でも役立ちます。

男性の場合のポイント

  • スーツ:黒色無地が無難です。
  • シャツ:長袖無地、色は白が基本です。襟はシンプルなレギュラーカラーを選びましょう。
  • ネクタイ:ネクタイの色は好みで大丈夫です。個性を出したい人はネクタイで印象を与えましょう。
  • 靴下:黒色無地を選びましょう。座ったときに地肌が見えないようにミドル丈にします。
  • 靴:シンプルなデザインの革靴を選びましょう。黒の紐靴が一般的です。

女性の場合のポイント

  • スーツ:黒色無地のスーツが無難です。スカートは膝が隠れる長さにしましょう。
  • ブラウス:長袖無地、色は白が基本です。襟はレギュラーカラーかスキッパーカラーを選びましょう。
  • ストッキング:自分の肌になじむ肌色にします。伝線した場合に備えて、予備を鞄に入れていきましょう。

OB訪問時の服装に関するマナー

https://images.unsplash.com/photo-1521341057461-6eb5f40b07ab?ixlib=rb-1.2.1&q=80&fm=jpg&crop=entropy&cs=tinysrgb&w=1080&fit=max&ixid=eyJhcHBfaWQiOjg4MjYzfQ
https://images.unsplash.com/photo-1521341057461-6eb5f40b07ab?ixlib=rb-1.2.1&q=80&fm=jpg&crop=entropy&cs=tinysrgb&w=1080&fit=max&ixid=eyJhcHBfaWQiOjg4MjYzfQ

ここではOB訪問当日に気をつけてほしい、服装のマナーをご紹介します。出掛ける前に確認していきましょう。こちらもOB訪問に限らず、インターンシップや面接など就活全般に共通することです。特別な対策は必要ありませんが、基本的なことなので目を通しておきましょう。

コート類は会う前に脱いでおく

コートを室内で着るのはマナー違反です。待ち合わせ場所に到着する少し前に脱いでおきましょう。

コートを室内で着てはいけない理由は、外のゴミを屋内に持ち込まないためです。

コートを脱いだあとは、外で表面を払ってから裏地が表に出るように畳んで、手に持って屋内に入りましょう。

鞄は就活用のものを使う

鞄は就活用のものを使いましょう。カジュアルなリュックやブランド物は、ふさわしくありません

鞄を選ぶときは、靴と同じ色にするのがオススメです。コーディネートに統一感が出ます。

また、サイズはA4サイズの書類が入る大きさが適切です。鞄は床に立てて置くことが多いので、自立するものを選びましょう。

清潔感のある髪型にする

髪型は清潔感があるものにしましょう。

清潔感のために大切なのは、眉と耳が隠れないようにすることです。前髪を眉より上で切りそろえるか、横に流しておでこが出るようにしましょう。

また、お辞儀をしたときに髪型が崩れて手で直していると、髪型に気を配れていない印象になります。女性はピンやスタイリング剤で髪を留めましょう。

スーツ・シャツにしわがないか確認する

出掛ける前に、スーツとシャツにしわがないか確認しましょう

シャツはジャケットを羽織ればほとんど見えなくなりますが、襟元は見えています。しわがよっていたら、案外目立ってだらしない印象になります。面倒がらずにアイロンをかけましょう。

またスーツを毎回洗うのは難しいかもしれませんが、座りじわがつきやすいので、アイロンがけだけはしっかりしておきましょう。

アクセサリーは外す

就活でアクセサリーはNGです。つけて良いアクセサリーは、時計と結婚指輪だけと言われています。

アパレル業界など、見た目の美しさやおしゃれさが重視される業界では許容されることがありますが、その他の業界では必要ありません。

つけているものがあれば外していきましょう。

マニキュアはつけない

就活ではマニキュアをつけない方が良いです。ネイル禁止の会社もある中で、就活生がマニキュアをつけているのは違和感があります

どうしてもつけたい場合は、「透明のトップコートだけにする」「薄いピンクやベージュ等目立たない色にする」などの工夫が必要です。

関連する記事

監修者プロフィール

三浦拓巳みうらたくみ

1997年群馬県生まれ。20卒として就職活動を行う。就活中はエントリーシート15社中全て通過。大手広告会社志望から一転、スタートアップに内定を承諾。内定後は人材育成会社にて、エントリーシート、面接などの選考対策に従事し、約70人の生徒を担当。自身の就職活動での学びを活かし、教育事業に注力している。