【企業研究】ボッシュの平均年収は700万円以上!|初任給やボーナスも解説

ボッシュは自動車部品業界の中でも長い歴史を持ち、日本はもとより世界で高いシェア率を誇っています。トヨタや日産、ソニーなどと比べると年収はどうなのか、気になる就活生もいるはずです。そこで今回はボッシュとはどんな会社か、社員の平均年収、その評判などについて解説します。

給料

ボッシュは自動車機器サプライヤー

https://images.unsplash.com/photo-1486406146926-c627a92ad1ab?ixlib=rb-1.2.1&q=80&fm=jpg&crop=entropy&cs=tinysrgb&w=1080&fit=max&ixid=eyJhcHBfaWQiOjg4MjYzfQ
https://images.unsplash.com/photo-1486406146926-c627a92ad1ab?ixlib=rb-1.2.1&q=80&fm=jpg&crop=entropy&cs=tinysrgb&w=1080&fit=max&ixid=eyJhcHBfaWQiOjg4MjYzfQ

ボッシュは1886年にドイツで創設された会社で、日本グループが設立されたのは1939年のことです。以来、長年にわたって自動車部品の製造・販売を行ってきましたが、現在ではそれらの商品だけなく、新たなモビリティ技術の開発にも力を注いでいます。現在は、自動車機器サプライヤーとして、世界で活躍しています。

ボッシュの給与事情

https://images.unsplash.com/photo-1515606378517-3451a4fa2e12?ixlib=rb-1.2.1&q=80&fm=jpg&crop=entropy&cs=tinysrgb&w=1080&fit=max&ixid=eyJhcHBfaWQiOjg4MjYzfQ
https://images.unsplash.com/photo-1515606378517-3451a4fa2e12?ixlib=rb-1.2.1&q=80&fm=jpg&crop=entropy&cs=tinysrgb&w=1080&fit=max&ixid=eyJhcHBfaWQiOjg4MjYzfQ

ボッシュは非上場企業のため、有価証券報告書を公開していません。そこで各種サイトの情報に基づいた、給与事情を紹介します。

平均年収

ボッシュ株式会社は2008年10月に上場廃止しているため、有価証券報告書を公開していません。各種サイトの情報によると、平均年収は772万5,000円程度といわれています。会社全体の平均値について、「マイナビ2022」 ど各種サイトを参考にしながら、以下にまとめてみました。

平均年収

772万5,000円

平均勤続年数

42歳

昇給

年1回(4月)

賞与

年2回(夏期・冬期)

月間残業時間

15.1時間

有休消化率

93%

職種別の平均年収

ボッシュの新卒採用は、技術系・事務系に分かれています。各種サイトでは、全社員の職種別平均年収に関する情報はありませんでした。そこで、20代後半から30代前半の職種別平均年収の一部を以下にまとめてみました。

職種

20代後半から30代前半の平均年収(予測)

制御系システムエンジニア

462万5,000円

研究開発

412万5,000円

営業

537万5,000円

残念ながら、事務系の平均年収に関する情報は見つかりませんでした。また、40代で管理職になると、大幅に年収アップするようです。

年齢別の平均年収

ボッシュの社員の平均年齢が42歳、平均年収が772万5,000円であることは前述しました。そこで、国税庁が2019年9月に発表した「平成30年分 民間給与実態統計調査-調査結果報告-」にある「年齢階層別の平均給与」を参考に、年代別の平均年収を算出してみました。

年齢階層

平均年収(百円単位で四捨五入)

20~24歳

443万3,000円

25~29歳

600万5,000円

30~34歳

665万4,000円

35~39歳

727万1,000円

40~44歳

772万5,000円

45~49歳

814万7,000円

50~54歳

858万5,000円

55~59歳

843万9,000円

60~64歳

675万1,000円

この調査による日本の平均給与は441万円ですので、ボッシュの平均年収がかなり高いことがわかります。

初任給

就活生にとっては、初任給も応募を検討する一つの要素のはずです。ここでは、ボッシュの初任給について説明します。

職種別の初任給

ボッシュの採用サイトにある「求人データ」を見ると、応募可能な職種は複数あるものの、初任給は同じであることがわかります。具体的な金額は、後述します。

学歴別の初任給

ボッシュの学歴別初任給は、以下の通りです。

  • 学部卒/21万3,500円
  • 修士了/25万3,650円

学部卒と修士了では、基本給に開きがあることがわかります。

ボーナス

ボッシュでは夏期と冬期の2回、ボーナスが支給されています。前述した20~24歳の平均年収443万3,000円から、学部卒初任給21万3,500円の12ヶ月分を引くことで、おおよそのボーナスの目安が計算できます。

  • 443万3,000円-256万2,000円=1,871,000円

単純計算でいくと、187万1,000円が夏期と冬期の二度に分けて支給されると考えられます。実際には新入社員の場合、夏の賞与は他の社員より低く支給されるため、この計算額が支給される見込みは低いはずです。

ボッシュの年収・給与に関する評判

https://images.unsplash.com/photo-1518458028785-8fbcd101ebb9?ixlib=rb-1.2.1&q=80&fm=jpg&crop=entropy&cs=tinysrgb&w=1080&fit=max&ixid=eyJhcHBfaWQiOjg4MjYzfQ
https://images.unsplash.com/photo-1518458028785-8fbcd101ebb9?ixlib=rb-1.2.1&q=80&fm=jpg&crop=entropy&cs=tinysrgb&w=1080&fit=max&ixid=eyJhcHBfaWQiOjg4MjYzfQ

カイシャの評判」に寄せられた、ボッシュの口コミ情報には、以下のものがありました。

給与水準:自動車関連としてはごく普通だったし、組合も強く、サプライヤーの割には恵まれていた方だったか。一部にはサービス残業もあったようだが、自分の部署では、基本的に働いた分は残業代も出ていました。ただ、やはりゼネコン、金融などと比べれば天と地ほどの差があったような。いわゆるS字曲線で、若いうちは安く使われ、年齢が上がるに従って優遇される傾向があった。 (30代男性・機械系エンジニア)

自動車部品業界のTOP10の平均年収については後述しますが、業界的には一般的な給与体系といえるようです。しかし、20~30代のうちは給与が低く抑えられる傾向にあると感じている社員がいるようです。

関連する記事

監修者プロフィール

三浦拓巳みうらたくみ

1997年群馬県生まれ。20卒として就職活動を行う。就活中はエントリーシート15社中全て通過。大手広告会社志望から一転、スタートアップに内定を承諾。内定後は人材育成会社にて、エントリーシート、面接などの選考対策に従事し、約70人の生徒を担当。自身の就職活動での学びを活かし、教育事業に注力している。