【2021卒】Skyの採用情報を解説!インターン・強みなどの選考対策も紹介!

2017年12月にIDC Japan株式会社が発表した「国内ソフトウェア市場の最新予測」によると、2017年の国内ソフトウェア市場は前年より4.5%も伸びていました。今後も成長が予想されるソフトウェア業界の中で、台頭している会社の一つに「Sky」があります。今回はそんな Skyの採用情報について、解説します。

採用

Skyはソフトウェア会社

https://images.unsplash.com/photo-1556761175-4b46a572b786?ixlib=rb-1.2.1&q=80&fm=jpg&crop=entropy&cs=tinysrgb&w=1080&fit=max&ixid=eyJhcHBfaWQiOjg4MjYzfQ
https://images.unsplash.com/photo-1556761175-4b46a572b786?ixlib=rb-1.2.1&q=80&fm=jpg&crop=entropy&cs=tinysrgb&w=1080&fit=max&ixid=eyJhcHBfaWQiOjg4MjYzfQ

Skyはオリジナルのパッケージソフトだけでなく、自動車やデジタル複合機、スマートフォンなどを製造しているる国内主要メーカーと共に、様々な製品に組み込まれるソフトウェアの開発を行っています。

こうした幅広いソリューションの開発に対応できる開発力と、チームの結束力に定評があります。

Skyの会社概要

Skyの会社概要を、以下の表にまとめました。会社の規模が大きいにも関わらず、社員の平均年齢は33.8歳と若くなっています。これは、若くても責任のある仕事ができることの表れといえそうです。

会社概要

詳細

設立

1985年3月2日

資本金

4億5000万円

売上高( 2019年3月期 )

678億7000万円

従業員数(2019年12月1日現在)

2,803名

グループ従業員数(2019年12月1日現在)

2,884名

平均年齢(2019年4月1日現在)

33.8歳

事業内容

Skyの事業は「クライアント・システム開発事業」と「ICTソリューション事業」に大別されます。

クライアント・システム開発事業とは様々なメーカーにおいて、組込みシステムを開発するものです。具体例としてカーナビゲーションシステムやモバイル開発、デジタル複合機のソフトウェア開発などがあげられます。

ICTソリューション事業とは、学校や地方自治体、民間企業を対象としたソフトウェアの企画・開発・サポート・ICTの環境整備などを行うものです。具体例としては、企業・団体向けの運用管理ソフトウェアである「SKYSEA Client View」があります。

Skyの選考情報

https://images.unsplash.com/photo-1524749292158-7540c2494485?ixlib=rb-1.2.1&q=80&fm=jpg&crop=entropy&cs=tinysrgb&w=1080&fit=max&ixid=eyJhcHBfaWQiOjg4MjYzfQ
https://images.unsplash.com/photo-1524749292158-7540c2494485?ixlib=rb-1.2.1&q=80&fm=jpg&crop=entropy&cs=tinysrgb&w=1080&fit=max&ixid=eyJhcHBfaWQiOjg4MjYzfQ

Skyはソフトウェア業界の市場拡大と比例して、新卒採用の人数を増やしています。そのため、企業風土にマッチできれば、内定が得られる可能性が高いです。

ここではSkyの選考情報について、紹介します。

Skyの採用人数

Skyの新卒採用では、様々な職種を募集しています。

  • システムエンジニア
  • プログラマー
  • ソフトウェア評価/検証エンジニア
  • 営業職
  • フィールドエンジニア
  • カスタムサポート
  • ネットワークエンジニア
  • インストラクター
  • 事務職(総務・経理・営業事務)

Skyでは、職種別の採用人数は公表していません。過去3年の採用実績は、以下の通りです。

年度

男性(名)

女性(名)

合計(名)

2016年

88

22

110

2017年

98

45

143

2018年

162

68

230

Skyの採用実績大学

マイナビ2020の「Skyの採用実績大学」を見ると、国公立大学と私立大学については以下にあるように、比較的高学歴なところが並んでいます。

  • 国公立大学:東京大学・京都大学・大阪大学・横浜国立大学 他
  • 私立大学:慶応義塾大学・早稲田大学・東京理科大学・関西大学 他

しかしシステムエンジニアやプログラマーなど、即戦力となる人材の採用が不可欠なので、高等専門学校や私立の専門学校から入社する社員も多いです。企業風土にマッチし、自己アピールができれば、学歴フィルターを感じることはなさそうです。

Skyの選考フロー

Skyの採用サイトで紹介されている「FLOW」によると、選考フローは以下の通りです。

  • エントリー
  • 会社説明会への参加
  • 選考①(グループワーク)
  • 選考②(採用担当者による面接)
  • 選考③(現場面接)
  • 選考④(役員面接)

この選考フローの間に、適性検査も行われます。選考に進むためには必ず会社説明会に参加しなければならず、1次面接ではグループだけでなく個人も行う可能性があります。また、システムエンジニア志望者には、会社説明会の後、実技試験が行われます。

Skyの選考開始時期

Skyの採用選考は、大手企業と同様に3月1日からエントリー受付を開始するのが一般的です。エントリーした就活生に対してだけ、マイページを通じて会社説明会の日時が連絡されます。

参加した会社説明会の時期によって、選考フローに違いがあるので、こまめにマイページをチェックすることをおすすめします。また、希望する職種によっても選考フローや試験内容が変わるので、注意が必要です。

早い時期の会社説明会の方が枠が豊富なうえ、やる気のアピールにもつながるので、即行動するようにしましょう。

Skyのインターン情報

Skyでは「好働力!」を、採用のキーワードとしています。それは仕事が好きといえるからこそ、真摯に向き変えると考えているからです。そのため学生に対しても「好働力!」体感インターンシップを開催しています。

Skyのインターンシップ情報」によると、インターンシップは1日で、文理を問わず、事前選考もありません。インターンシップを通して社風を体感すると共に、「好働力!」とは何か、IT業界の状況などを学ぶことができます。

採用選考を有利に進めるうえでも、インターンシップの参加はおすすめです。インターンはコース別に行われますが、社員がメモを取っていることが多いといいます。採用のアドバンテージになる可能性があるので、前向きに取り組みましょう。

監修者プロフィール

三浦拓巳みうらたくみ

1997年群馬県生まれ。20卒として就職活動を行う。就活中はエントリーシート15社中全て通過。大手広告会社志望から一転、スタートアップに内定を承諾。内定後は人材育成会社にて、エントリーシート、面接などの選考対策に従事し、約70人の生徒を担当。自身の就職活動での学びを活かし、教育事業に注力している。

関連する記事