【2021卒】Plan・Do・Seeの採用情報を解説!オススメの志望動機も紹介!

Plan・Do・Seeの企業情報や採用情報をまとめました。Plan・Do・Seeに限らず、ホテル・ブライダル業界が気になっている方に、企業研究のお手伝いをさせていただける記事になっています。採用に関して、企業理念と結びつけた志望動機の例なども掲載していますので、ぜひ参考にしてください。

採用

Plan・Do・Seeとは

https://images.unsplash.com/photo-1540541338287-41700207dee6?ixlib=rb-1.2.1&q=80&fm=jpg&crop=entropy&cs=tinysrgb&w=1080&fit=max&ixid=eyJhcHBfaWQiOjg4MjYzfQ
https://images.unsplash.com/photo-1540541338287-41700207dee6?ixlib=rb-1.2.1&q=80&fm=jpg&crop=entropy&cs=tinysrgb&w=1080&fit=max&ixid=eyJhcHBfaWQiOjg4MjYzfQ

Plan・Do・Seeとはホテル・レストラン・ウェディング等の事業を幅広く行っているサービス業の企業です。今回はPlan・Do・Seeについて詳しく解説します。

Plan・Do・Seeの基本情報

Plan・Do・Seeの基本情報を以下にまとめました。

会社名

Plan・Do・See

創業

1993年4月

業界

サービス業

本社所在地

東京都千代田区

売上(百万円)

36,500百万円(2018年3月期決算)

従業員数

1,650名

出典:「Plan・Do・See公式HP

本社は東京にありますが、アメリカやインドネシアにも店舗を展開しており、グローバルな企業と言えます。

Plan・Do・Seeの事業内容

日本をはじめとして、アメリカやインドネシアなどにホテル・レストランを展開しており、それぞれの店舗が独自のコンセプトやデザインをもち、全く同じような店舗がないことが大きな特徴です。

にも力を入れており、その他にもウェディング事業法人向けの宴会プロデュースなども行っています。また、アパレル事業の展開する子会社も保有しています。

Plan・Do・Seeの採用情報

https://images.unsplash.com/photo-1454165804606-c3d57bc86b40?ixlib=rb-1.2.1&q=80&fm=jpg&crop=entropy&cs=tinysrgb&w=1080&fit=max&ixid=eyJhcHBfaWQiOjg4MjYzfQ
https://images.unsplash.com/photo-1454165804606-c3d57bc86b40?ixlib=rb-1.2.1&q=80&fm=jpg&crop=entropy&cs=tinysrgb&w=1080&fit=max&ixid=eyJhcHBfaWQiOjg4MjYzfQ

本見出しではPlan・Do・Seeの採用情報についてまとめています。採用人数や選考フローなど、選考に直結する内容ですので、志望者はしっかりと抑えておきましょう。

募集要項については、Plan・Do・Seeの採用情報をご覧いただき確認ください。

Plan・Do・Seeの採用人数と採用大学

Plan・Do・Seeの採用人数と採用大学をまとめました。

採用人数(人)

2016年度

2017年度

2018年度

男性

7

4

9

女性

19

12

20

合計

26

16

29

出典:マイナビ2020「Plan・Do・See」リクナビ2020「Plan・Do・See」

過去三年間の実績を見ると男性よりも女性の採用人数の方が多いことがわかります。また、文系・理系問わずに募集をしているようです。

採用実績大学

青山学院大学、愛知大学、大阪芸術大学

関西学院大学、関西大学、学習院大学

上智大学、中央大学、東海大学

同志社大学、日本大学、法政大学 等

採用実績大学は幅広いですが、MARCH・関関同立といった上位校の学生も多いです。

Plan・Do・Seeが求める人物像

Plan・Do・Seeが求める人物像には大きく2つのポイントがあります。結論から言うと、「協調性があり、人とのコミュニケーションが上手い人」は有利と言えるでしょう。

①人を喜ばせることが好きな人

ホテル業やウェディング業といった、非日常で特別な一日を演出するの企業であるため、人を喜ばせることが好きな人はこの企業に向いている人材と言えます。

自らが業務を楽しみ、周りの人やお客様を笑顔にできて、お客様の記憶に残る接客やセッティングができる人材が求められています。

②チームで頑張れる人

上記のようにお客様にとって非日常な特別な一日を素敵な思い出深いものに演出するために、それぞれの個性を活かしつつも、チームで連携をとって柔軟に対応できる人材が求められています。

目標に向かって協調性を持ち、周囲を盛り上げる力がある人も、企業が求める人物像に合致してくるでしょう。

Plan・Do・Seeの職種別の選考フロー

Plan・Do・Seeの募集職種は、総合職・エリア職・ウェディングプランナー職の3つに分けられます。それぞれの選考フローはそれぞれほとんど同じですが、職種ごとのアピールポイントを解説しています。

総合職の選考フロー

総合職の選考フローをまとめました。

ESまで

①マイナビ等からエントリー後、公式HPのマイページへのログインID・会社説明会の案内が送付

②ESは事前にHPからダウンロードして記入

③会社説明会への参加は必須

→最後にその場で発表される質問の回答をESに記入して提出

セミナー

  • カジュアルな内容で会社理解を深める為のもの

筆記試験・グループディスカッション

  • 論述式(2018年度)
  • グループディスカッションでは協調性があるかを重視される

面接

  • お互いが納得するまで面接を実施する方針により、個人によって回数は異なる。4回の人もいれば10回の人もいる。

内定通知方法

電話

毎年平均して最初のエントリーから内定まではおよそ3か月間くらいで決まっていますが、その年の就活スケジュールによって開始時期は異なります。

総合職の人は上記の求める人物像以外にも、将来的には海外勤務の可能性もあるため英語ができると有利と言われており、仕事に対して前向きにバリバリ活躍できる人を求められています。

エリア職の選考フロー

選考フローは総合職とほぼ同じのためそちらを参考にしてください。

エリア職は名古屋、東京、大阪、神戸、福岡のどちらかに配属されます。総合職と違い海外勤務の可能性はないですが、どの地域でも働く意欲があることをアピールすることは重要と言えます。

ウェディングプランナーの選考フロー

選考フローは総合職とほぼ同じのためそちらを参考にしてください。

ウェディングプランナーの選考では、グループワークで「理想のデートプランは?」などといったお題が過去にでたことがあり、決して難しい内容ではありませんが、その時の協調性や話している時の雰囲気を重要視されます。

監修者プロフィール

三浦拓巳みうらたくみ

1997年群馬県生まれ。20卒として就職活動を行う。就活中はエントリーシート15社中全て通過。大手広告会社志望から一転、スタートアップに内定を承諾。内定後は人材育成会社にて、エントリーシート、面接などの選考対策に従事し、約70人の生徒を担当。自身の就職活動での学びを活かし、教育事業に注力している。

関連する記事