web適性検査を突破したい人だけ読んでください。練習方法や落ちるNG行動を解説

web適性検査は就活生に立ちはだかる第一関門です。本先行、インターンを問わず、エントリーシートを提出する際にweb適性検査の受験を指示され、初めてのことに困惑する就活生も多いのではないでしょうか。今回の記事ではweb適性検査とは、その練習方法や対策、「カンニングしたらどうなるの?」といった疑問にもお答えしていきます。適正検査を突破したい人が必ず一度は通読してほしいことを解説していきます。

テスト

web適性検査とは

https://images.unsplash.com/photo-1434030216411-0b793f4b4173?ixlib=rb-1.2.1&ixid=eyJhcHBfaWQiOjEyMDd9&auto=format&fit=crop&w=1500&q=80
https://images.unsplash.com/photo-1434030216411-0b793f4b4173?ixlib=rb-1.2.1&ixid=eyJhcHBfaWQiOjEyMDd9&auto=format&fit=crop&w=1500&q=80

読者の中には初めて「web適性検査」と聞いて本記事にたどり着いた方もいると思います。その方向けにまずはweb適性検査の概要を解説します。

既にご存知の方は後半の対策やNG行動の見出しをご覧ください。

web適性検査は就活生の能力・適性を測るテスト

web適性検査は就活において、学生の能力やエントリー企業との適性を測るテストを指します。転職でもweb適性検査を受けるケースはありますが、通常、連想されるのは新卒就活の場面です。

web適性検査は主に能力検査・性格検査の2つからなります。それぞれの検査内容は後ほど詳しく解説していきます。

web適性検査とは別でテストセンター、企業ごとの適性検査もあり混同されがちです。以下のような違いがありますので合わせて確認しておきましょう。

  • テストセンター(SPI):テストセンター会場でしか受けられない
  • 企業ごとの適性検査:ペーパー試験が多い

web適性検査を受けるタイミング

web適性検査は通常、エントリーシート提出時に受験することを指示されます。性格検査のweb適性検査のみ、最終面接直前など選考途中で受験する場合もあります。

web適性検査の受け方

web適性検査は文字通りPC1台で自宅、大学、カフェから、どこでもオンライン受験することができます。

オンライン面接をするわけではないので、背景や騒音も気にする必要はありません。

web適性検査の種類と対策

https://images.unsplash.com/photo-1454165804606-c3d57bc86b40?ixlib=rb-1.2.1&ixid=eyJhcHBfaWQiOjEyMDd9&auto=format&fit=crop&w=1500&q=80
https://images.unsplash.com/photo-1454165804606-c3d57bc86b40?ixlib=rb-1.2.1&ixid=eyJhcHBfaWQiOjEyMDd9&auto=format&fit=crop&w=1500&q=80

さて、実際にweb適性検査の種類と対策をみていきましょう。

前提として、web適性検査は各企業が0からテストを作成しているわけではありません。適性検査を作成し、企業に販売する会社がいくつかあり、皆様がエントリーする企業が適性検査会社Aの適性検査、適性検査会社Bの適性検査を採用しています。

能力検査

まずweb能力検査です。中学レベルの簡単な計算問題、言語・論理思考力などが出題されるテストです。例えば、言語問題では以下のような問題が出ます。

最初に提示された二語の関係を考え、同じ関係のものを全て選びなさい。

ペン:筆記用具 ア ガラス:コップ イ ハサミ:文房具 ウ 大学:学校

答え)イとウ:包含関係

またテストの形式もいくつかあります。主なものは以下4種類です。

玉手箱

  • 最もメジャー
  • 計数:四則演算、図表読み取りなど
  • 言語:論旨把握など
  • 英語:長文読解

Tg-Web

  • 従来型と新型の2種類がある
  • 前者は難易度が高く、後者は問題数が多い

CAB・GAB

  • 商社、金融、証券などで多い
  • 処理速度が見られる
  • CAB:暗算、法則性、命令表、暗号など
  • GAB:計数、言語

Webテスティングサービス

  • SPIとほぼ同じ難易度
  • 言語計数など基礎的な問題が出題

テスト形式は企業により異なり、志望企業でどのようなテスト形式が出題されるかはあらかじめネットの情報で調べておきましょう。

中でも、玉手箱とWebテスティングサービスは多くの企業が採用しているweb適性検査です。志望企業が固まっていない方もこの2つから優先的に対策をはじめることをおすすめします。

性格検査

性格検査は能力ではなく、その人の性格や価値観に関する質問をし、企業との適性を測る検査になります。例えば、以下のような問題が出ます。

思い通りにいかないとついカッとなってしまう。

1.全く思わない  2.あまり思わない  3.どちらともいえない  4.少しそう思う  5.そのとおりだと思う

性格検査で重要なのは回答の一貫性です。自分を偽って一問一問熟考して回答されることを想定していません。直感的に回答を選択した時に浮かび上がる性格を検査しているのです。

この目的を達成するために、性格検査にはひっかけ問題が存在すると言われています。 「一度も嘘をついたことがない」などが典型問題です。20年近く生きていると多くの人が大なり小なりの嘘をついてしまうかと思いますが、ここで「一度もない」などと回答してしまうと嘘に引っかかってしまうので要注意です。

打算的に良くあろうと回答を偽ると、このひっかけ問題で暴かれてしまうのでリラックスして回答するようにしましょう。

関連する記事

監修者プロフィール

三浦拓巳みうらたくみ

1997年群馬県生まれ。20卒として就職活動を行う。就活中はエントリーシート15社中全て通過。大手広告会社志望から一転、スタートアップに内定を承諾。内定後は人材育成会社にて、エントリーシート、面接などの選考対策に従事し、約70人の生徒を担当。自身の就職活動での学びを活かし、教育事業に注力している。